ロジック・トレーナ

教育用 論理回路シミュレータ


ソフト詳細説明

本プログラムは岡山県立水島工業高校において実習用に開発したデジタル回路シミュレータです。あくまで教育用として作ったものなので高度な機能もありませんし、電圧値も0と1の2値のみです。業務用としては使いものになりませんが、機能がシンプルな分、初めての高校生でも気軽に使えるものに仕上がったと思っています。
もともとこのプログラムは富士通のFM-Rシリーズ用として平成3年にBASICで開発したものです。(平成4年の全情研で発表)その後改良を重ね、Ver3.0ではPC98用として全面的にQuick-Cで書き直しました。初期バージョンにあった細かい制限事項も殆ど無くなり、操作性も向上しました。

現在は実習だけでなく、工業高校の情報技術検定の受験対策にも利用していて、それなりに役に立っています。

ロジック・トレーナの特長
 ・以下の素子を使って回路を作図し、画面上でその動作を確かめることが出来る。
    素子の種類:各種ゲート(最大17入力),HA,FA,D-FF,JK-FF,
          カウンタ(16/10/6進),シフトレジスタ,ラッチ,
          16進キーボード,7seg表示
 ・電圧を配線の色で表現するので、回路全体の動作を一目で確認できる。
 ・回路の中を信号が伝わっていく様子をスローモーションで確認できる。FFやカウンタなどの動作理解に有効。
 ・CAI的な機能があるので、初心者が指導者なしでデジタル回路の基本を修得することができる。
 ・機能が単純なので、初めてでも簡単に操作できる。
 ・サンプルとして主な74シリーズ(82回路)&C-MOSの回路図を添付している。
 ・フロッピーディスクからでも起動できる。

動作環境

ロジック・トレーナの対応動作環境
ソフト名:ロジック・トレーナ
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 伊藤 輝志 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

シミュレータ  教育  回路  論理 


「技術・工学」カテゴリーの人気ランキング

  1. ASCII & Binary to MotororaS ASCII HEX & バイナリーファイルをMotorora Sフォ−マットに変換(ユーザー評価:0)
  2. SISMOV 地震動のスペクトル解析 Windows/DOSV用(ユーザー評価:0)
  3. Unit Converter 単位換算機 単位を換算する 入力と同時に結果が表示される(ユーザー評価:0)
  4. 飽和蒸気圧の計算 水蒸気の飽和蒸気圧の計算(ユーザー評価:0)
  5. スプライン曲線描画 スプライン補間によって、節点を結ぶ曲線を描く(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック