PC-9801ロジックアナライザ

外付けハードの不用な低速4チャンネルロジックアナライザ


ソフト詳細説明

 PC−9801で使用可能な低速4チャンネルロジックアナライザです. ゆっくり
変化するタイミング波形を観測するときに便利です. 主な特徴は下記のとうりです.

・外付けハードが不要.(RS−323Cの信号線を入力として利用.)
・低速時はグラフィック画面を垂直方向にスクロールさせながら表示.
・高速時はトリガ検出して1面ごとに描画.
・カーソル移動により時間軸の読み取りが可能.
・ハードコピー出力可能.
・C言語とアセンブリ言語で構成.
・サンプル速度の上限はCPUの処理速度で決る.
 39.0625μS/dot (PC−386STD20MHz仮想86モード時)
 19.53125μS/dot(PC−386STD20MHzリアルモード時)

動作環境

PC-9801ロジックアナライザの対応動作環境
ソフト名:PC-9801ロジックアナライザ
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 越智 潔 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

付け  ロジック  チャンネル  アナライザ  不用  低速  ハード 


「技術・工学」カテゴリーの人気ランキング

  1. ASCII & Binary to MotororaS ASCII HEX & バイナリーファイルをMotorora Sフォ−マットに変換(ユーザー評価:0)
  2. LPF ローパスフィルタ計算プログラム(ユーザー評価:0)
  3. LHDL 独自の言語形式を使用して論理を記述、シミュレ−ション(ユーザー評価:0)
  4. 波形コンバータ ABELの書式で記述されたテストベクタをテキスト形式の波形に出力(ユーザー評価:0)
  5. GALASMPP Asm22V10 のための論理圧縮プリプロセッサ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック