WIPER

RAY画像用 WIPEデータ 自動作成


ソフト詳細説明

【WIPERとは】

  RAY演奏中に音楽にシンクロさせて画像をワイプ処理して表示、消去するためのMML形式のG:TRANSFERデータを抽出するプログラムです

  WIPERはMMLデータを作成するだけですので「ともゆき」氏作のRAYに入っているM2R.EXEでコンパイルしてください

  RAYの作品を鑑賞しますと、一部ワイプ効果を使っている作品も見受けられますが殆どが「フェード・イン」「フェード・イン」「カラー・チェンジ」で便利なTOOLがあります。  これに「ワイプ効果」のTOOLが加われば、より多彩な演出が簡単に出来るなと思い、WIPER製作に至りました。

動作環境

WIPERの対応動作環境
ソフト名:WIPER
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 宮町 悟 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

基本料金無料の『みんなの電子署名』

■関連キーワード

RAY  WIPE 


「RAY」カテゴリーの人気ランキング

  1. Ray RAY Personal Computer Audio & Visual 総合ソフトウェア(ユーザー評価:0)
  2. KALASI K,L コマンド生成プログラム(ユーザー評価:0)
  3. MRDP(Menu Ray Data Player) メニュー型 RAYデータ再生(ユーザー評価:0)
  4. T_RAYPAL MMLのパレットデータ支援TOOL(ユーザー評価:0)
  5. RCMD Rayデータ内部を解析、コマンドとパラメータを色分け表示(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
基本料金無料の『みんなの電子署名』