セレクション
・表紙に戻る
----------
今週の注目ソフト
・Linar
・メロディレイザー
・ねこねこらんど4
・Gramotki
・VisualBookMark

・VERSION UP
・BACK NUMBER

・ご意見・ご感想
・無料メールサービス
ベクターソフト情報メールサービス「ベックル」 --------

しっかり作り込まれた“ほのぼの系”都市開発シミュレーションゲーム
ねこねこらんど4 −ころりんのきのこ村− Version 1.00
for Windows ゲーム NEW シェアウェア 500円

ねこねこらんど4 −ころりんのきのこ村− 最初の数年は少しずつアイテムを増やして、ゆっくりと開発する 名作「SIM CITY」風の、いわゆる都市開発シミュレーションゲーム。プレイヤーは何もない更地に井戸を掘り、家を建て、道路を敷設し、植樹や食料の生産を行うことで村を発展させ、住民(ねこ)を増やしていくのが目的である。

村を作るためのアイテムは家、井戸、樹木、果樹、大根、花、道路の7種類が用意されており、これらをバランスよく配置すれば、魅力ある村ということで住むねこが増え、それによってまた村が発展していくというシステム。

カラスの襲撃! 果樹に多大なるダメージを与えてくれる…… 開発を妨げる災害要素として、ランダムでカラスの大群が襲ってきたり(左画面)、モグラが異常発生したりするなどのイベントが用意されており、これにやられると、かなりのダメージを受ける。ゲームをスリリングなものにするにはもってこいだが、難易度を高める要因ともなっているので、オプションで「なし」に設定することも可能になっている。なお、これとは逆に村の人気を高めるイベントも数種類用意されている。

reviewer's EYE ほのぼの系のゲーム画面であるが、なかなかどうしてしっかりと作り込まれており、軽く見ているとあっという間にゲームオーバーになる。特にゲーム序盤はすぐ赤字になる。ヘルプにも記載されているが、焦らずじっくりと開発を行い、ある程度資金に余裕をもたせることのほか、いざというときのために樹木を植える(伐採することによって資金が入る)などの計画性が重要。何しろ軌道に乗ったかなと思っても、災害の発生であっという間にゲームオーバーになることもあるのだから。

村をどう成長させるか、全体マップを見ながらある程度決めよう 操作性に関してはほとんど問題はない。アイテムの新設もいちいち撤去する必要がないため、非常に楽だ。マイナスポイントを挙げるなら、画面スクロールがキーボードでしか行えない点だろうか。右クリックでのドラッグやスクロールバーの設置などでの対処が望まれる。また、災害発生後や開発計画を練る際によく使う全体マップ(右画面)への切り替えをマウスから行えるようにすれば、完璧となるだろう。
(芹澤 亮)

ホームページ 作者のホームページはこちら

ソフト作者からひとこと
「ねこねこらんど4」は「SIM CITY」のごくごく簡易版のようなほのぼのシミュレーションゲームです。マウスと簡単なキー操作のみで遊ぶことができます。できるだけわかりやすく、遊びやすく作ったつもりですが、右クリック操作は通常とちょっと異なりますのでご注意くださいませ。

居住ねこ数を増やしていくとイベントが起るようになります。お試しプレイ期間のねこねこ年30年までにイベントを発生させるのはちょっと難しいかもしれません。当初の予定では見られるはずだったのですが、途中でゲームバランスを変えてしまったためにそうなってしまい、ホントごめんなさいです。

WinGLを使ってはいますが、“いそがしいゲーム”ではないので、どうぞ息抜きに遊んやってくださいね。★
(べるべる)

※ この記事は、'99年2月25日に公開されました。


Download
「ねこねこらんど4」のダウンロードページにジャンプします。ダウンロードページからソフトをダウンロードできます。ダウンロードページには、作者データページへのリンクもあります。

シェアウェア(525円)
ねこねこらんど4 -ころりんのきのこ村- 1.01a きのこ村を作るシミュレーションゲーム (426K)

ベクター・シェアレジ・サービス 「ねこねこらんど4」は シェアレジ からシェアウェア送金できます


週刊ソフトニュース、スポットライト、PickUpに関するご意見・ご感想は…… editor@vector.co.jp まで

Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.
[↑このページの先頭へ戻る]