セレクション
・表紙に戻る
----------
今週の注目ソフト
・Linar
・メロディレイザー
・ねこねこらんど4
・Gramotki
・VisualBookMark

・VERSION UP
・BACK NUMBER

・ご意見・ご感想
・無料メールサービス
ベクターソフト情報メールサービス「ベックル」 --------

多彩な機能を備えた、軽快で使いやすい画像ビューア&管理ソフト
Direct Picture Viewer 'Linar' for Windows Version 1.00
for Windows 画像&サウンド NEW フリーソフト

Direct Picture Viewer 'Linar' for Windows ツリーでフォルダを選択するとファイル情報と画像の一覧を作成、表示する エクスプローラライクなインタフェースを持つ画像ビューア&管理ソフト。カレントフォルダに含まれる画像ファイルのファイル情報・画像情報をリスト表示するとともに、画像をサムネイル形式で一覧表示する。サムネイルは任意の縦横サイズおよび拡大・縮小率での表示が可能だ。エクスプローラ同様、情報一覧ウィンドウのヘッダのクリックにより、ファイルをソートできる。

選択した画像は、画像表示ウィンドウでの閲覧も可能だ。このウィンドウでは画像の拡大・縮小表示のほか、スライドショウや、回転などの操作を行うこともできる。

HTML形式で保存されたカタログ。定義ファイルはHTMLなのでカスタマイズも可能 カレントフォルダの画像をカタログとして保存する機能もある。保存形式はHTML、BMP、JPEGの3種類の形式があり、HTML形式ではサムネイルだけでなく画像情報も表示される。

画像ファイルの管理機能としては移動、複写、名前の変更、削除がある。移動や複写の際には同時に新規のフォルダを作成することもでき、また、相手先のフォルダに同名のファイルが存在するファイルだけを操作対象とすることもできる。もちろんドラッグ&ドロップによる操作が可能だ。

そのほか、LZHなどの書庫ファイル中の画像を解凍せずにそのまま表示することもでき(別途Plug-inが必要)、外部アプリケーションの登録と呼び出しも可能など、多彩な機能を備える。

本体だけで対応している画像形式はBMPとJPEGのみだが、Susie32 Plug-inを利用することにより、国内で使われている大部分の画像を処理することができる。

reviewer's EYE 動作が軽快で操作性のよい、優れた画像ビューアだ。

「Linar」ではSusie32 Plug-inが利用できるのだが、使用するPlug-inを「プラグインセット」としてグループ化し、管理できる点がユニーク。Plug-inによる誤認識・誤動作を反応を回避するためとのことだが、たしかにPlug-inを大量に組み込んでいるユーザには便利な機能だろう。

補間処理によりギザギザが目立たないきれいな拡大画像が得られる 画像表示ウィンドウでの表示では、画像の拡大・縮小をする際、「通常」に加え「最近傍法」、「線形補間法」の計3種類の補間法を選択できるのはうれしい。補間処理を選択すれば表示に余計に時間はかかるものの、拡大してもギザギザの目立たないきれいな画像を得ることができる。そのほか、任意の角度での画像の回転も可能。このようにして処理した画像はBMPもしくはJPEG形式でファイルに出力できる。また、出力ファイルを壁紙に設定する機能もあり、その際に輝度や色調などの調節をすることも可能だ。

表示の同期を指定すると、情報一覧ウィンドウとサムネイル一覧ウィンドウが同期してスクロールし、画像表示ウィンドウには選択された画像が同期して表示されるのも便利だ。

256色への減色に対応していないことや、フォルダを移動するたびにファイルリストの取得とカタログの作成を行うため、CPU速度の遅いマシンやメモリの少ないマシンでは若干使いづらい点もあるが、一度使ってみると非常に使いやすく、便利な手放せないソフトとなるだろう。
(秋山 俊)

ホームページ 作者のホームページはこちら

ソフト作者からひとこと
開発に至るまでの経緯 : 日進月歩しているソフトウェア業界にあって新技術を修得するのは容易ではありません。特にルック&フィールをクールにする技術はここ数年で激変しています。

こうした技術を楽しく学習するにはどうすればよいのか? ユーザインタフェースをどう研究すればよいのか?

多くの人に受け入れられなければ意味がないので、一般ウケする何かを作ってそこから勉強しようと思い、それには画像ビューアが一番いいのではないだろうかと考えました。

開発中に苦労した点 : とにかくレスポンスを軽くすること。ユーザが何かをしようとしたとき「ちょっと待って」状態をなくすことに留意しました。

技術情報を収集すること。多くの新技術情報は英文書ですが、英語で物事を考えない日本人の私は英文と日々格闘をしていました。おかげである程度の英文は読めるようになりました(笑)。あとはフツフツと湧き上がる多機能化への欲望を抑えることです。

ユーザにお勧めする使い方 : フォルダ単位で画像ファイルをサムネイル表示するのですが、ひとつのフォルダに大量のファイルを置かないことでしょうか。サムネイルを作成している以上、メモリを結構大量に消費してしまうので、メモリスワップが起こってしまうと、とたんに動作が遅くなってしまいます。

今後のバージョンアップ予定 : 以下の機能強化を予定しています。
  • さらにもっともっと高速化(起動−ファイルリスト取得−サムネイル作成)
  • HTML形式でのカタログ保存機能の強化(スクリプトによる自由カスタマイズ)
(s.mas)

※ この記事は、'99年2月25日に公開されました。


Download
「Direct Picture Viewer 'Linar' for Windows」のダウンロードページにジャンプします。ダウンロードページからソフトをダウンロードできます。ダウンロードページには、作者データページへのリンクもあります。

フリーソフト
Direct Picture Viewer "Linar" 1.6 サムネイル表示系エクスプローラーライクな画像ビューア(Susie32 Plugin利用可) (886K)



週刊ソフトニュース、スポットライト、PickUpに関するご意見・ご感想は…… editor@vector.co.jp まで

Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.
[↑このページの先頭へ戻る]