セレクション
・最新号の表紙に戻る
・この号の表紙に戻る
----------
今週の注目ソフト
・芸人街道爆進中?
・VirtualBoss
・NetAnimator
・TempWriter
・OverDrive

・MORE NEWCOMERS
・VERSION UP
・BACK NUMBER

・ご意見・ご感想
・メールサービス
--------

デスクトップで部下を鍛えて出世させ、会社を大きくしよう!! 社員育成ゲーム
VirtualBoss α Version
for Windows ゲーム NEW フリーソフト

VirtualBoss 常務にまで出世した部下。部屋と机が立派になり秘書もついた。髪型も変わる 部署に配属された新入社員を鍛えて出世させる、一種の育成ゲーム。Click&Createで作成されている。

まず、ゲーム開始時に部下に好きな名前を付ける。この部下に仕事を与え、実力を身につけさせて出世させる。これによって会社が成長して社員数も増え、業界でのシェアが拡大する。部下を会長にまで出世させ、シェアを100%にすれば、めでたくエンディングを見ることができる。

操作は基本的にマウスのみで行え、非常にシンプルだ。部下をクリックして仕事を与えたり、話をしたり、ほめて“やる気”を起こさせることがうまく出世させるコツ。カップをクリックすれば、疲れ気味の部下を休ませたりコーヒーを飲ませて体力を回復させることができる。

おまけのエアホッケーゲーム。パーフェクトで勝つのはなかなか大変 また、パソコンをクリックすると、部下を相手にエアホッケーを楽しむことも。このゲームは最初パック一つから始まり、ゴールのたびにパックが増えて、最後は三つのパックをめまぐるしく打ち合わなくてはならないというエキサイティングなものだ。ゲームの結果で部下のステータスが変化するので、パックの打ち合いにも思わず真剣さが増すだろう。

reviewer's EYE シンプルだがなかなか味わいの深いゲームだ。操作が簡単で画面もコンパクトなので、デスクトップの一部に表示させておき、他の作業をしながら楽しむのにちょうどよいだろう。

部下に仕事を与えたままほったらかしにすると過労死してしまう ただし、部下を順調に出世させようと思うと結構忙しい。部下に適切な量の仕事を与え、常にやる気や体力をチェックして、これらが下がってきたらこまめに回復させる必要がある。部下から提出された書類や出張などの申請に許可を与えなければならない。こうした操作を怠ると、部下がやる気をなくしたり、体力を消耗して過労死したりすることもあるので注意が必要だ。データはゲームの終了時にオートセーブされるので、席を離れたりするときにはそのつど終了させるようにした方がよいだろう。

部下の髪型や部屋のデザインが出世にともなって変化したり、部下にも部下や秘書ができたりと、なかなか芸が細かいのも楽しい。第三回クリック&プレイ・クリック&クリエイトゲームコンテストで準グランプリに輝いたのもうなずける。ただ、会話の内容がやや変化に乏しいのは少し残念な点だ。
(秋山 俊)

ホームページ 作者のホームページはこちら

ソフト作者からひとこと
ソフトを開発しようと思った動機、背景 : もともと「瀬賀くん」というソフトがありまして、これはKlik&Playという開発ソフトで作ったソフトでした。今回、Click&Createという自由度が上がった開発ソフトが発売されたので、そちらで「当時やりたかったこと」を盛り込んで大幅バージョンアップをした次第です。

開発中に苦労した点 : 簡単な作りなので、苦労らしい苦労もなかったのですが……。こんなので苦労してたらほかの開発者にバカにされそうなので、ノーコメントです。(^^;)

ユーザにお勧めする使い方 : 毎日上司に叱られているサラリーマンで、パソコンを仕事に使用している方に「わかってくれるのはお前だけだ」みたいに遊んでほしいです。

今後のバージョンアップ予定 : 取りあえずありませんが、別キャラバージョンをどこかでお目にかける考えはあります(秘密です)。
(あびるやすみつ)

※ この記事は、'98年11月12日に公開されました。


Download
「VirtualBoss」の最新版および関連ソフトです(ソフトのバージョンは、記事中で紹介したものと異なる場合があります)。なお、ソフトをダウンロードするには、右側の[Download]ボタン(または[http]ボタン)をクリックしてください。下線付きのソフト名をクリックすると、ソフトに関する詳細な解説が参照できます。

フリーソフト
VirtualBossα α2 あなたの部署に所属された新入社員を鍛えて出世させるゲーム (959K)



週刊ソフトニュース、スポットライト、PickUpに関するご意見・ご感想は…… editor@vector.co.jp まで

Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.
[↑このページの先頭へ戻る]