構造化エディタ

視覚的に無意味な空白文字を使ってテキストファイルを構造化するエディタ


ソフト詳細説明

ジャンプ機能や閲覧性を高める目的で考案したテキストエディタです。外見や機能はいわゆるアウトラインプロセッサですが、テキストデータの大半は問題無く編集できます。構造化に使用するのは行末や空白行にある半角のタブとスペース文字なのですが、これらは視覚的に無意味な上、プログラムソースなど大抵の場合まとめて読み飛ばされるからです。
同様の方法でテキスト自体にブックマークを保存できることも他のエディタにない特徴です。また階層構造を活かして文章を HTML ファイルに変換する機能もあります。

動作環境

構造化エディタの対応動作環境
ソフト名:構造化エディタ
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 松崎 暁 

ユーザーの評価(3人):4.5
コメント:3
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

エディタ  テキストファイル  構造  空白  無意味 


「テキストエディタ」カテゴリーの人気ランキング

  1. VerticalEditor 縦書き・ふりがなに対応したアウトラインプロセッサ(ユーザー評価:0)
  2. MKEditor for Windows 初心者にも扱いやすい高機能なマルチドキュメント対応エディタ(ユーザー評価:4)
  3. Giga Text Viewer 巨大なテキストファイルを瞬時に開いて閲覧編集できる(ユーザー評価:0)
  4. AkelPad 4 プラグインで機能追加できる、SDI/MDI両対応のテキストエディタ(ユーザー評価:0)
  5. Apsaly 軽快な高多機能の本格的汎用テキストエディタ(ユーザー評価:0)

「テキストエディタ」カテゴリのソフトレビュー

  • AkelPad 4 4.9.3 - 必要な機能だけをプラグインで組み込める、SDI/MDI両対応の軽快なテキストエディタ
  • Giga Text Viewer 1.2.0.5 - ビッグサイズのファイルも瞬時に開いて閲覧できる、シンプルなテキストビューア
  • e-メモ 0.26 - リッチテキスト形式や文字・段落の書式設定にも対応した“ワープロ風”テキストエディタ
  • 秀丸エディタ 8.00 - 「ファイルマネージャ枠」などで、さらに機能を充実させた“定番”テキストエディタの新バージョン
  • GoEditor for Windows 0.98 - 強力な編集・検索機能と壁紙表示機能などのユニークな機能とをあわせ持つテキストエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック