DCACHE

ディスクキャッシャー


ソフト詳細説明

.機能
  デバイスドライバーに割り込んで入出力データを横取りしメモリーに蓄
 え、次に来た入力要求にメモリー上のデータを横流ししてしまうというプ
 ログラムです。
2.特長
 ・デバイスドライバーに割り込むのでブロック型デバイス(フロッピーディ
  スク,SASI, SCSI, etc...)なら今のところ何でもキャッシュ可能。
 ・コマンドによる常駐型なので途中で容量の変更が可能。
 ・複数デバイスでキャッシュバッファを共用することが可能。
  又、逆にドライブ毎に分けることも可能。
 ・ハッシュを使っているのでキャッシュデータの検索が速い。
  さらに、データの管理はリスト構造を使用しているため能率的。
  (データ転送は当然 movem.l を使用。)
 ・後に残すサイズを指定出来るのでゲームソフト等の実行時のメモリー容
  量が不明な場合に最適
 ・FATとルートディレクトリの優先キャッシュ及び優先ドライブの指定が
  可能なのでより有効なキャッシュバッファの利用が可能。
  (途中での変更も可能。)
 ・キャッシュデータの登録を一時的に停止することが可能。
  (ドライブ毎に指定可能。)
 ・もちろんキャッシュバッファの消去も可能。
  (ドライブ毎に指定可能。)
 ・キャッシュバッファを高位メモリーに確保する事が出来るのでXVI等
  で相対的に低速な外部メモリーをバッファにすることが可能。
 ・仮想ドライブ/仮想ディレクトリが設定してあってもそのドライブを指
  定する事が可能。
 ☆512 & 1024バイト/セクタのメディアに対応。(SxSIと9SCDRVでは確認
  出来たが、FDDEVICE.X によるアクセスは確認していない。)
 ☆先読みが可能。(ただし、効果の程は定かではない。(^^;)
 ☆Human68k(v2.03)以前のDOS上では 9SCDRV(v2.24) のメディアバイト
  に対応しています。Human68k(v3.00)以降のDOS上では標準添付の
  DRIVE.X コマンドに準拠しています。

動作環境

DCACHEの対応動作環境
ソフト名:DCACHE
動作OS:X68000
機種:PC-98 X68000
種類:フリーソフト
作者: Arimac 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

シャー 


「ディスク用」カテゴリーの人気ランキング

  1. REFRESHG ディスク・リフレッシャーSCSI対応版(ユーザー評価:0)
  2. 9SCSET 1枚のフロッピーディスクに1.4Mバイトのデータを記録(ユーザー評価:0)
  3. SX-WINDOW用MO IBMフォーマットプログラム SX-WINDOW用 MO IBMフォーマットプログラム(ユーザー評価:0)
  4. wcache ディスクの入出力をキャッシングする常駐型のキャッシュプログラム(ユーザー評価:0)
  5. DCACHE ディスクキャッシャー(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック