libc

ANSI-C 対応C言語ライブラリ


ソフト詳細説明

libsxc based on libc 1.1.30A
libc 1.1.30A をベースに gcc 真里子バージョンのSXモードに対応したスタートアップ及び,ライブラリを作成しました.

仕様

OBJECTTYPE
モジュールタイプを指定できます.デフォルトでは'OBJR'です.OBJC にしたければ
% cat foo.s
.xdef OBJECTTYPE
OBJECTTYPE = 'OBJC'
%
といったソースをアセンブルしてリンクしてください.

_COMMON_SIZE
コモンエリアのサイズを指定します.ここでいうコモンエリアとは SX-SYSTEM の確保するもので,gccのSXモードにおけるコモンセクションとは異なります.
確保されたコモンエリアへのポインタは
extern int _common;
で参照できます.
デフォルトのサイズは0です.

extern __common char _sxkernelcomm[]
コマンドラインより起動された場合に使用するカーネルを指定します.デフォルトでは"sxkernel"です.
sxwdb を使用するようにしたければ,
% cat bar.s
.xdef __sxkernelcomm
.text
__sxkernelcomm:
.dc.b 'sxwdb -d -k -l7'
%
などとしてください.

struct _mep _memcp;
struct _psp _procp;
カーネルのプロセスを指しています.つまりsxwin.xやsxkernel.xのプロセスです.


libmb.a, libtz.a, libcplus.a
そのまま利用できると思います.しかしながら,libsignal.aやlibprof.aは動作しないと思います.副作用として,同じタスクを同時に動かした場合に,片方を(コマンドラインで指定して)スーパバイザモードで,もう片方をユーザモードで動かすことができない.タスクが切り代わると time関連のライブラリ内部変数の値が変化する可能性がある.などの症状があります.OBJCタイプのタスクではこの症状は起こりません.errnoも同様にタスクが切り代わったあとは値も変化すると考えてください.

sxmain.o(sxexe.o), lib_sx.a
libsxc.aに含まれています.リンカがヲーニングを出しますが,実害はありません.Makefileを書き換えるなどして,対応してください.

TSChMod
SX-SYSTEM v3.01 現在、TSChModにはいくつかのバグがあり、_dos_chmodと違いTSChMod (filename, -1)といった使い方ができません。v3.1では治っているそうなので、なんの対処も
行っていません。

動作環境

libcの対応動作環境
ソフト名:libc
動作OS:X68000
機種:X68000
種類:PDS
作者: 村上 敬一郎 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ライブラリ  C言語  ANSI 


「各種ライブラリ」カテゴリーの人気ランキング

  1. libc ANSI-C 対応C言語ライブラリ(ユーザー評価:0)
  2. Hi-Speed ONTIME X680x0用の IOCS ONTIME 高速化ドライバ(ユーザー評価:0)
  3. h68unix UNIXコンパチっぽいライブラリ その1(ユーザー評価:0)
  4. libgzip GNU gzip-1.2.4 疑似マルチスレッドライブラリ(ユーザー評価:0)
  5. libhdi 高速10進 倍精度整数演算ライブラリ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック