Rコンバータ

*.xを*.rに変換


ソフト詳細説明

1.これはなんや?
 XCに標準で付属しているCV.Xの機能の内、Rタイプへの変換機能だけを持ったコンバータである。
 SXならではの機能として、OBJR型のモジュールヘッダにあるモジュールサイズの書き込みを自動的に行ったり、コードリソースとしての妥当性をチェックする機能があります。
2.どないして使うか?
 テキストに変換したい実行ファイル名と、変換後のファイル名を書き込んで(アイコン落としてもよい)、通常のHumanの*.Xを*.Rにするならば「実行型」、「OBJR」のSXソフトを*.Rに変換するなら「OBJR型」、コードリソースとして変換するなら「コードリソース」を選んで「変換」をクリックすればよろしい。
 あとは、適当にメッセージにしたがってください。
 また、コマンドラインを次の書式で与えると、勝手に変換して勝手に終了します。
 rconv [-n] [ファイル名]
 nは1〜3の整数でそれぞれ変換の形式を指定します。
 ファイル名は「.X」を省略しないでください。
 おまけのrconv.bfdはX68030+FPU専用の実行ファイルにパッチします。

動作環境

Rコンバータの対応動作環境
ソフト名:Rコンバータ
動作OS:X68000
機種:PC-98 X68000
種類:フリーソフト
作者: 亜山 雪 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換 


「ツール」カテゴリーの人気ランキング

  1. Rコンバータ *.xを*.rに変換(ユーザー評価:0)
  2. HLK High Speed Linker(ユーザー評価:0)
  3. nm 高速シンボル表示ツール(ユーザー評価:0)
  4. rcs RCS 5.6.4 を Human68k に移植(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック