QuMINI

SXで動く通信ソフト/マクロなし


ソフト詳細説明

作者からの注意!:SX-WINDOW Ver 3.1 でしか動作しないことが判明しました。
・LISPを登載しないスモールバージョン。

究極のターミナルを目指しているQuTERMです。
目標は一応、MuTERMです。スピード以外はなるべく追い付きたいと
思います。

・SX-WINDOW Ver 3.00以上で動作するターミナルプログラムです。

・ESCシーケンスはカラーコードと、ANSIエスケープシーケンス
 の一部をサポートしています。VT-100エスケープシーケンス
 もある程度サポートしています。

・高速動作が必要な場合に備えて画面表示を行わない
「サイレント・モード」をサポートしています。

・RS-232Cに追い付かない場合、自動的に画面表示を抑制します。

・簡単なオートダイヤル、リダイヤル、オートログイン機能を備えています。

・ファイルアイコンをドラッグすることにより、LF待ち、比較転送も可能な
 テキストアップロード機能を搭載しています。

・XMODEM/YMODEMプロトコルによる送受信が可能です。

・チャットに便利な行入力モードをつけました。このモードでは、過去に打ち
 込んだ文字列を再送信したり、編集して送信したり出来ます。

・新しくウィンドウを開いてバックログの表示が出来ます。バックログでのC
 UT&PASTEが出来ます。バックログを見ながらのキー入力、受信、表
 示、プロトコル、リダイヤルもマルチタスクに出来ます。

・ネットとの回線切断を検出して、接続時間、予想回線使用料を計算、ファイ
 ルに書き出すことが可能です。WTCと互換性のあるファイルフォーマット
 で出力しますので、FSWの集計プログラムを利用出来ます。

・通信中にもマルチタスクで動きますので、他のSX-WINDOWのプログ
 ラムを実行出来ます。

・コンフィギュレーションファイルをMuTermと共有しています。MuTerm
 をお使いの方は、CNFファイルを直すことなくそのままQuTERM
 を使用出来ます。また、そのまま使用出来るCNFファイルのサンプルも
 付属しています。

・CNFファイルに設定しておくことにより、接続した直後にテキストファイ
 ルを転送することが出来ます。また転送終了後、そのファイルを削除するこ
 とも出来ます。

・QuTERMからエディタや他のSXのプログラムを呼び出すことが出来ま
 す。

・複数回線同時アクセス可能です。

動作環境

QuMINIの対応動作環境
ソフト名:QuMINI
動作OS:X68000
機種:PC-98 X68000
種類:フリーソフト
作者: 田口    星野美季  George 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

マクロ  通信  SX 


「通信ソフト」カテゴリーの人気ランキング

  1. mtelnet.win Ko-Window 簡易TELNETターミナルソフト(ユーザー評価:0)
  2. KX_Term20 X680x0 Ko-Window用 ターミナルソフト(ユーザー評価:0)
  3. QuMINI SXで動く通信ソフト/マクロなし(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック