キャッシュ内蔵CD-ROMドライバ

キャッシュ内蔵 CD-ROMドライバ


ソフト詳細説明

--- 初めに ---
CDDEV.SYSが深いディレクトリに潜った時、遅くなるのが気になったので
"下位"互換ドライバを作ってみました。

--- 使い方 ---
CONFIG.SYSの中に
DEVICE = 〜\CDDRV.SYS /I<SCSI-ID> /B<BUFFER SIZE> [/Snum]
と書けばOkです。

/I でCD-ROMドライブのIDを指定します。デフォルトは 6 です。
/B でキャッシュするセクタ数を指定します。
1増える毎に2048+8バイト、メモリの消費量が増えます。
デフォルトは4セクタ分ですが、最低でも8以上にすることを薦めます。
(この4セクタというのはCDDEV.SYSと同じサイズです)

/S0 これがデフォルト。
DRVCTRLに対して "音楽用CD等の読めないCD(ROM)が入ってる時"、
未挿入、異常なディスクが入ってる、と答えるようにします。
/S1 これにすると、入ってない、という事にします。
/S0で勝手にCDがイジェクトされる場合等は、これを指定してみてください。
/S2 この時は、なんであろうと入ってさえいれば入ってるとします。
ファイラー等を使っていると白帯を拝むかもしれません。

--- 特徴 ---
電脳倶楽部のまねしてベンチマークしてみました。

計測技研のフリセレ2のtreeを取った結果
使用機種 ドライバ スイッチ
ECD-500 CDDEV.SYS 59秒98
CDDRV.SYS なし 37秒33
CDDRV.SYS /B64 25秒30

--- 注意 ---
どこら辺が"下位"なのかと言うと、
論理セクタ(ISO9660では1セクタを512,1024,2048バイトの中から選べる)が
2048のものしかアクセスできない。
メディアを交換した時などのエラー処理がてきとうなので不安定。
SCSI-IOCSがあらかじめ使えるようになってないといけない。
etc...

キャッシュ対象となるのは、ディレクトリとファイルアクセスした時の
中途半端な分(物理セクタ単位で扱えない分)のみです。
よってtreeやwhere,dir,cdなどは速くなりますが、
大きなファイルの読み込み、IOCSコールによるアクセス等は
CDDEV.SYSとなんら差は存在しません。

CD-DAはSCSI2対応機でのみ正常に動作します。

このソフトを作るにあたり、特殊デバイスドライバの制御について
参考にできるものがCDDEV.SYSしか存在しないため、
一部似かよったコードが存在するかもしれませんが、
CDDEV.SYSよりそのままコピーは1バイトたりともしていません。

動作環境

キャッシュ内蔵CD-ROMドライバの対応動作環境
ソフト名:キャッシュ内蔵CD-ROMドライバ
動作OS:X68000
機種:PC-98 X68000
種類:フリーソフト
作者: 山崎 淳 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ドライバ  キャッシュ  CD  ROM 


「CD・DVD関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. キャッシュ内蔵CD-ROMドライバ キャッシュ内蔵 CD-ROMドライバ(ユーザー評価:0)
  2. CD-ROM ユーティリティ CD-ROMソフトをX68000シリーズに接続(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック