ShapeMapMaker 基盤地図情報をシェープファイルに変換

基盤地図情報からESRI Shape形式やSTL形式の高精度な地図データを無料で作成


ソフト詳細説明

ShapeMapMakerは、だれでも簡単に地図を作成できるソフトです。

対象地域の基盤地図情報をダウンロードし、ShapeMapMakerで処理すれば高精度のShape形式の地図データが無料で簡単に出来上がります。

描画範囲を限定し、データを小さくできます。

基盤地図情報では道路や水際線などの地図情報が提供されており、これらを自由に選択できます。

等高線描画機能では窪地抽出も可能です。

DXFを読み込める環境なら、標高メッシュの段彩による色分けの標高図もできます。

レジストリへの書き込みはありません。

成果品のイメージはhttp://www.geocities.jp/morita_shin2/shapemapmaker/shapemapmaker.htm

動作環境

ShapeMapMaker 基盤地図情報をシェープファイルに変換の対応動作環境
ソフト名:ShapeMapMaker 基盤地図情報をシェープファイルに変換
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 森田 伸二 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

地図  基盤  STL  Shape  ESRI 


「地図」カテゴリーの人気ランキング

  1. スーパーマップル・デジタル20 DL 『パソコン』『スマホ』『タブレット』で活用できる、マルチデバイス対応の地図ソフトウェア(ユーザー評価:0)
  2. VectorMapMaker 基盤地図情報などからDXF形式の地図を無料で高精度に作成(ユーザー評価:4.5)
  3. MANDARA 統計データを地図化、地図データ作成可能で全国市区町村境界データも付属(ユーザー評価:0)
  4. マウスの距離計2 インターネットの地図上で、道なりの距離と直線距離を測定して経路を書き込める(ユーザー評価:4.5)
  5. DocuMap feel 地図ポイント・ライン・ポリゴン記録アプリ 入力項目を独自に作成 手軽に記録・資料の整理(ユーザー評価:4)

「地図」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック