MANDARA

統計データを地図化、地図データ作成可能で全国市区町村境界データも付属


ソフト詳細説明

パソコンで自分の作った地図に統計データを表示してみたい!と思っても、なかなか適当なソフトは無いものです。そこで作成したのがこのMANDARAです。その特徴は、

★多様な地図表現に対応しています。
塗りつぶし、円、グラフ、等値線など、様々な方法でデータを地図上に表現できます。
★属性データの取り込みが簡単です。
表計算ソフト上にあるデータを貼り付けることで属性データが取り込めます。
★地図データが付属しています。
全国市区町村境界地図、都道府県別日本地図、世界地図、アメリカ地図、中国地図データなどが使えます。
★各種地図データを取り込めます。
数値地図2500(空間データ基盤)、数値地図25000(空間データ基盤)、国土数値情報、シェープファイルなどの地図データを取り込めます。
★自分で簡単に地図データを作成できます。
スキャナで読み込んだ白地図データを、自動的に画像処理を施してベクトルデータに変換してくれます。
★緯度経度・距離概念・オブジェクト概念があります。
地図を単なる絵ではありません。MANDARAでは緯度経度・距離概念があるので、面積・距離計測も可能。また、点・線・面の形状のオブジェクトに対応。
★時間概念があります。
地図データに時間属性を設定することで、時空間データベースを構築することができます。付属の日本市町村境界データは、1960年以降の任意の時点の市区町村境を描画できます。
★レイヤ概念があります。
鉄道線と行政境など、異なる種類のデータを重ね合わせて表示できます。
★固定長テキストCSV変換ツール付属
固定長テキストファイルをCSVファイルに変換できるツールが付属しています。
★移動データを表示できます
パーソントリップ調査データや時間地理学データといった時空間移動データに対し、時間軸をZ軸にとった移動経路を3D表示できます。
★テキスト発売中!!
後藤真太郎ほか「MANDARAとEXCELによる市民のためのGIS講座」が古今書院から発売されています。

中学校や高校の社会科の授業、大学の卒論・論文、レポート、企業の商圏分析など、地図を使った様々なシーンで活用できます。

動作環境

MANDARAの対応動作環境
ソフト名:MANDARA
動作OS:Windows 7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 谷 謙二 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

地図  統計  全国  町村  市区 


「地図」カテゴリーの人気ランキング

  1. VectorMapMaker 基盤地図情報などからDXF形式の地図を無料で高精度に作成(ユーザー評価:4.5)
  2. スーパーマップル・デジタル19 DL 『パソコン』『スマホ』『タブレット』で活用できる、マルチデバイス対応の地図ソフトウェア(ユーザー評価:0)
  3. MANDARA 統計データを地図化、地図データ作成可能で全国市区町村境界データも付属(ユーザー評価:0)
  4. マウスの距離計2 インターネットの地図上で、道なりの距離と直線距離を測定して経路を書き込める(ユーザー評価:4.5)
  5. DocuMap feel 地図ポイント・ライン・ポリゴン記録アプリ 入力項目を独自に作成 手軽に記録・資料の整理(ユーザー評価:4)

「地図」カテゴリのソフトレビュー

  • スーパーマップル・デジタル19 DL 19.0.0.0 - KMLデータファイルの入出力が可能になってより汎用性が高まった、インストール型の高品質地図ソフト
  • VectorMapMaker 10.0 - 無償で公開されている基盤地図情報などを利用して、高精度なDXF形式地図を作成できるソフト
  • DocuMap feel 3.1.9 - 独自の入力項目を作成して、インターネット地図サービスを“オリジナルの地図”にできる
  • マウスの距離計2 1.54 - Googleマップなどを利用して、二地点間の距離および所要時間を測定できるソフト
  • マウスの距離計 1.42 - 地図上の2地点間の距離や移動時間を簡単に計測できるソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック