hsort

Windows用ソートアプリ(32ビット版)


ソフト詳細説明

HSORTは、C言語で開発され、固定長、可変長、CSVファイルのソート(sort)、マージ(merge)機能を提供するソフトである。
機能一覧:
・数千万レコードを想定しています。
・2G以上ファイルをサポートすること
・自作メモリプールを用いて、高速にメモリを割り当て、メモリ断片化を最小化すること
・最大メモリサイズが指定できること、未指定の場合、自動計算すること
・固定長、可変長、CSVファイルをサポートすること
・標準入力、標準出力をサポートすること
・レコード順序保持機能(安定ソート)
・ASCII順、数字順でソートできること
・ログ情報を標準エラーに出力すること
・複数キー又は全レコードの昇順、降順が指定できること
・等しいソートキーの最初レコードのみ出力できること(ユニック出力機能)
・不正レコード(最大キー不足)をスキップ、又はエラーファイルに出力する
・1分間で数GBデータをソートできること
※目安として、
1GBの固定長ファイルは10秒、
1GBの可変長ファイルは20秒、
1GBのCSVファイルは30秒でソートできること。

動作環境

hsortの対応動作環境
ソフト名:hsort
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: damoyanhou 

ユーザーの評価(1人):3.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ソート  32ビット版 


「ソート」カテゴリーの人気ランキング

  1. TextSorter テキストファイルを行単位でソート!(ユーザー評価:2.5)
  2. hsort Windows用ソートアプリ(32ビット版)(ユーザー評価:3.5)
  3. 重複しないユニークな行を見つけ出すPerlスクリプト 重複のない行を見つけ出すPerlスクリプト(ユーザー評価:0)
  4. 文字列ソート Super SORT テキストファイル(CSV、タブ区切り)やEXCELファイル(XLS)の表示、並び替え、変換ができる(ユーザー評価:0)
  5. EasySort テキストを表示した状態で、直接編集もできる簡単テキストソートツール(ユーザー評価:0)

「テキストファイル用」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック