ImmersiveTaille

Windows 8のスタート画面をデスクトップ内に表示できるようにカスタマイズする


ソフト詳細説明

「ImmersiveTaille」は、Windows 8のスタート画面をデスクトップ内に表示できるように設定し、スタート画面を便利に改善するカスタマイズソフトです。

スタート画面の表示場所(タイルの表示位置)を、デスクトップの上、下、左、右、デスクトップのタスクバー以外の部分という、5ヵ所から選択して指定できます。また、スタート画面の横幅や高さ、横方向の表示開始位置、縦方向の表示開始位置を指定することも可能です。

インストール不要なソフトで、ユーザが設定した内容は、「MonImmersiveTailleV2.xml」というファイルが作成され、「C:\Users\ユーザー名」フォルダに保存されます。

【使い方】

(1)「ImmersiveTaille」を実行し、左下の国旗アイコンをクリックして、「イギリス(英語版)」か「日本(日本語版)」を選択します(日本語版は日本語訳に課題があるので、現状ではイギリス版(英語版)をお勧めします)。
(2)「Basic」タブの「Location of Startscreen」 欄で、スタート画面の表示位置を指定します。 ちなみに、Topはデスクトップの上、Bottomは下、Leftは左、Rightは右、「Fullscreen+Taskbar」は、タスクバー以外の部分となります。
(3)「Advanced」タブでは、スタート画面の横幅や高さ、横方向・縦方向の表示開始位置を指定できます。「Position X」は横方向の表示開始位置、「Position Y」は縦方向の表示開始位置、Widthは横幅、Heightは高さを示し、「+」「-」ボタンを使って指定します。「Save」ボタンを押して設定を保存しておくと、「Load」ボタンをクリックして呼び出せます。
(4)「Settings」タブでは、5種類の設定のON/OFFを指定できます。
a)「Start with Windows」→Windows 起動時に自動で起動する
b)「Windows notification area」→タスクトレイに最小化する
c)「Automatic shutdown」→最小化後、「ImmersiveTaille」を自動終了させる
d)「Normal after having to leave Start」→「ImmersiveTaille」終了後に、スタート画面を元に戻す
e)「See startscreen Software Startup」→「ImmersiveTaille」起動時に、スタート画面を表示させる

動作環境

ImmersiveTailleの対応動作環境
ソフト名:ImmersiveTaille
動作OS:Windows 8
機種:IBM-PC
種類:GPL
作者: marshall31 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

デスクトップ  カスタマイズ  スタート 


「プログラムランチャー」カテゴリーの人気ランキング

  1. MagTrayMenu メニュー型のプログラムランチャー(ボタン型&ホットキー型)(ユーザー評価:0)
  2. Pe タスクバーっぽい見た目のランチャー(ユーザー評価:0)
  3. BOB 任意の場所に簡単にショートカットを作成(ユーザー評価:3.5)
  4. 超便利デスクトップツール Styx 64ビット版 無限階層を構築できるボタン型ランチャー(ユーザー評価:0)
  5. CLaunch 軽さと使い易さを追求したボタン型ランチャー(ユーザー評価:4.5)

「プログラムランチャー」カテゴリのソフトレビュー

  • Start Menu 8 v5 PRO 3L - Windows 10、8.1、8 のスタートメニューを使い慣れたWindows 7風にカスタマイズ
  • モニカ 1.0 - “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
  • ALiS 1.32.7.712 - 指定したタイミングでアプリやファイル、システムタスクなどを開ける。手軽に使えるスケジュール型ランチャ
  • Styx 64ビット版 5.00 - 時計、リソースメータ、ウィンドウ管理など、便利な機能を数多く搭載した“無限階層”ボタン型ランチャ
  • XLaunchPad 1.091 - 直感的な操作で目的のアイテムをすばやく開ける、OS X Lion「Launchpad」風のランチャ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック