RundllEx

バッチファイルでWindowsAPIを使用するための拡張Rundll


ソフト詳細説明

MessageBox, GetOpenFileName, GetVersionEx, Sleep 等々のWindowsAPIをバッチ
プログラムから使うためのツールです。WindowsにはRundll32と言うDLL内の関数を
実行させることができるプログラムがありますが、こちらは使用に際して種々の
制限があり、バッチプログラム内で使用することはほとんどできません。
 本ツールは関数の戻り値はもちろん、引数に返る値も任意の環境変数に保存させる
ことができるので、その結果を以降のバッチ処理で利用することができます。
 簡単なサンプルを添付していますので参考にしてください。ただし使用するには
WindowsAPIに関する若干の知識は必要です。

動作環境

RundllExの対応動作環境
ソフト名:RundllEx
動作OS:Windows 7/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: say-one 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

バッチ  Rundll  WindowsAPI 


「バッチ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. EasyBAT BATファイルのような自動化プログラムをGUIで簡単に作成・実行できる(ユーザー評価:0)
  2. Batch File Builder for WinRAR WinRARのバッチファイルを簡単に作成(ユーザー評価:0)
  3. ExecS 汎用連続実行ツール QuickPar用設定、WinRAR用設定、単純分割ファイル結合用の設定済(ユーザー評価:0)
  4. Excel変換君 一覧表のデータを指定された様式のテキストファイルに変換(ユーザー評価:0)
  5. MultiStarter(32bit版) 複数のコマンドをまとめて実行する(ユーザー評価:0)

「バッチ用」カテゴリのソフトレビュー

  • EasyBAT 1.0.0.1 - わかりやすい日本語の“命令”を追加・編集して作成できる、手軽な自動化プログラム作成・実行ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック