Keningo

自分で作成したコマンドをファイル名を指定して実行ダイアログから実行できるようにする


ソフト詳細説明

Windows標準機能のファイル名を指定して実行ダイアログを利用してコマンドを実行するため、常駐させて使用するコマンドラインランャーと比べるとリソースを消費しないのが特長です。(本ツールはコマンドを作成するだけのために使用するものですので、コマンドを実行するために本ツールを起動させておく必要はありません)

例えば、コマンド名「市況」、実行パス「C:\Documents and Settings\user\デスクトップ\市況メモ.txt」でコマンドを作成した場合、ファイル名を指定して実行ダイアログで、「市況」と入力しEnterを押下することで、市況メモ.txtを開くことができるようになります。(ファイル名を指定して実行ダイアログはショートカットキー([Windows] + [R])で表示させると楽です)

ファイルパスだけでなく、Webパスも指定することが可能です。コマンド名「ya」、実行パス「http://www.yahoo.co.jp」でコマンドを作成した場合、ファイル名を指定して実行ダイアログで、「ya」と入力しEnterを押下することで、Yahoo!のサイトを表示することができるようになります。

Webパスにパラメータを渡す場合は、実行パスに「%p」を含めてコマンドを作成してください。「%p」がパラメータに指定された文字列に置換されてコマンドが実行されます。(なお、Webパスにしかパラメータを渡すことができません)
例えば、ファイル名を指定して実行ダイアログで、「g やなか珈琲」や「g 常に首が痛い 原因」と入力しEnterを押下することで、文字列「やなか珈琲」や「常に首が痛い 原因」でGoogleを検索することができます。(コマンドとパラメータの間は、半角スペースで空けてください)
Google検索以外にも、Wikipedia/アルク(英和・和英)/Amazon/楽天等の検索が可能です。
もちろん、自身がよく利用するサイトにパラメータを渡して、検索させるようなコマンドを作成することも可能です。

動作環境

Keningoの対応動作環境
ソフト名:Keningo
動作OS:Windows 7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: Pain & Gamble 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンド  ダイアログ 


「コマンドライン」カテゴリーの人気ランキング

  1. マルチコマンドラインランチャー Aqulina アプリ実行、定型文貼り付け、クリップボード履歴、キー操作を自由に組合せ可能なマルチコマンドランチャー(ユーザー評価:4.5)
  2. PocketLaunch テキスト入力によるランチャー/ファイルブラウザー(ユーザー評価:4)
  3. いもうとランチャー いもうとが常駐しておにいちゃんのお手伝いをしてくれるプログラムランチャー(Google検索対応)(ユーザー評価:0)
  4. ZiiLauncher プラグインで機能を拡張できるスキン対応コマンドラインランチャー(ユーザー評価:4)
  5. Amethyst コマンド入力型のアプリケーションランチャ(ユーザー評価:0)

「プログラムランチャー」カテゴリのソフトレビュー

  • Start Menu 8 v5 PRO 3L - Windows 10、8.1、8 のスタートメニューを使い慣れたWindows 7風にカスタマイズ
  • モニカ 1.0 - “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
  • ALiS 1.32.7.712 - 指定したタイミングでアプリやファイル、システムタスクなどを開ける。手軽に使えるスケジュール型ランチャ
  • Styx 64ビット版 5.00 - 時計、リソースメータ、ウィンドウ管理など、便利な機能を数多く搭載した“無限階層”ボタン型ランチャ
  • XLaunchPad 1.091 - 直感的な操作で目的のアイテムをすばやく開ける、OS X Lion「Launchpad」風のランチャ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック