scheduleコマンド

コマンドプロンプトで監視ツール


ソフト詳細説明

当ソフトは、コマンドプロンプトの「上級者向けコマンド」です。

他のコマンドと組み合わせる事で、強力な監視ツールとして
利用可能です。最も単純な使い方としては一定時間毎にプロセスを
起動させることです。

[例] netstat で変化のあるポートを監視
schedule --process netstat --args "-an" --time 0.5 --color-filter "TCP" --color "green" --color-filter "UDP" --color "cyan" --uniq_last --option outtime --option tabs2single --option space2single

[例] 現ディレクトリ以下の全ての txt に対して find コマンドを実施
schedule.exe --process cmd --args "/c dir /b /s *txt" --xargs "find \"boot\"" --run-once

[その他]
・本コマンドは引数が多いですが、目的に応じて様々な用途に利用できます。
・Windowsイベントログを tail 感覚で監視する事もできます。参考↓
http://mfsocket.blogspot.com/2011/07/devpowershell-tail.html
http://mfsocket.blogspot.com/2011/07/devpowershell-handle.html

動作環境

scheduleコマンドの対応動作環境
ソフト名:scheduleコマンド
動作OS:Windows 7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:サンプル版
作者: てすと 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

監視  コマンドプロンプト 


「各種セキュリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. AdwCleaner 知らないうちに組み込まれてしまったアドウェアなどを検出し、削除できる(ユーザー評価:4.5)
  2. ファイル権限デザイナー Windowsのファイル・フォルダのアクセス権 設定(追加・変更・削除) 一覧表示ツール(ユーザー評価:4.5)
  3. 情報漏えい対策ツール ファイル共有ソフト(Winny、Winnyp、Share)による情報漏えいを防ぐ(ユーザー評価:0)
  4. パパっとパスワード管理 ID・パスワードを安全に管理するためのソフト(ユーザー評価:0)
  5. MalBlocker Lite 偽装されているファイルをリアルタイムに検知!(ユーザー評価:0)

「各種セキュリティ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック