最長共通部分列

2つの文字列の最長共通部分列(Longest Common Subsequence; LCS)を計算して出力する


ソフト詳細説明

2つの文字列の最長共通部分列(Longest Common Subsequence; LCS)を計算して出力します。

http://books.google.com/books?id=NLngYyWFl_YC&pg=PA350&dq=longest+common+subsequence

計算に用いたマトリックスとアライメントも出力できます。

C++で高速に処理します。

ベータ版などはhttp://www15.big.or.jp/~t98907/lcsで入手してください。

動作環境

最長共通部分列の対応動作環境
ソフト名:最長共通部分列
動作OS:Windows Vista/XP/2000
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: Hiroshi Kameya 

この作品については、作者がコメント・評価を希望しておりません。

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

共通  om  最長  LCS  Subsequence  Longest  分列 


「比較」カテゴリーの人気ランキング

  1. テキスト差分表示ツール ファイル比較(TEXT/EXCEL/WORD/HTTP/FTP) 差分同期編集 比較結果出力 コマンドライン(バッチ対応)(ユーザー評価:4.5)
  2. HiWinDiff テキスト、Excel、Word、バイナリ、フォルダの差分を比較して結果をExcel出力できるファイル比較ツール(ユーザー評価:0)
  3. Rekisa 三つ以上のファイルを同時に比較できる差分表示ソフト(ユーザー評価:4.5)
  4. ちゃうちゃう! 2つのテキストを単語または文字単位で全文/部分比較 区切り文字の指定で結果を最適化可能(ユーザー評価:0)
  5. ぷれぷれDiff 2つのテキストファイルの内容を比較し違う部分を抽出(ユーザー評価:3.5)

「テキストファイル用」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック