Base64Exe.WSF

バッチファイルやEXEなどの実行ファイルをBase64エンコードしてWSFファイルにするWSF


ソフト詳細説明

バッチファイルなどのスクリプトソースやEXEファイル中の文字列を目隠し程度に隠します。
バッチファイルやEXEなどの実行ファイルをBase64エンコードして、WSFファイルにします。
このWSFファイルを実行すると、元の実行ファイルを一時的に作成して実行します。
実行後に、そのファイルを削除します。

動作環境

Base64Exe.WSFの対応動作環境
ソフト名:Base64Exe.WSF
動作OS:Windows XP
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 吉岡 照雄 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

バッチ  エンコード  Base64  WSF  EXE 


「各種セキュリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. AdwCleaner 知らないうちに組み込まれてしまったアドウェアなどを検出し、削除できる(ユーザー評価:4.5)
  2. 情報漏えい対策ツール ファイル共有ソフト(Winny、Winnyp、Share)による情報漏えいを防ぐ(ユーザー評価:0)
  3. ファイル権限デザイナー Windowsのファイル・フォルダのアクセス権 設定(追加・変更・削除) 一覧表示ツール(ユーザー評価:4.5)
  4. パパっとパスワード管理 ID・パスワードを安全に管理するためのソフト(ユーザー評価:0)
  5. MalBlocker Lite 偽装されているファイルをリアルタイムに検知!(ユーザー評価:0)

「各種セキュリティ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック