ROM化支援バイナリエディタ

モトローラS並びにインテルHEXフォーマットのファイルも直接編集可能


ソフト詳細説明

・既存ファイルはマップ方式で全バイト閲覧可能です。
  (パッチを用いることで任意のバイト位置でポイント編集が可能)
・新規ファイルの場合、編集サイズ 0x10000000 までとなります。
  (任意のバイト位置で編集が可能)
・検索・置換・削除・アンドゥ・リドゥ等の基本的機能が使用できます。
・構造体による解析・編集が可能です。
・クリップボードのテキストデータを数値認識しデータとして取り込めます。
・モトローラS/インテルHEXフォーマット形式のファイルを読み書き出来ます。
  (マークにより指定範囲のみの書き出しも可能)
・キャラクター表示に以下を選択出来ます。
  * ASCII/EBCDIC
  * Shift-JIS/EUC-JP/UCS-2/UTF-8(Unicode)
  * グラデーション
・サム, ハッシュ, CRC等の算出が出来ます。
  * SUM
  * MD5/SHA-1/SHA-256
  * CRC-8/CRC-16/CRC-32
・Luaスクリプトによる細かな編集が可能です。
・パレット機能によりカーソル位置の数値解析をカスタマイズできます。
・プラグインで他プロセスメモリ参照等が利用可能です。

動作環境

ROM化支援バイナリエディタの対応動作環境
ソフト名:ROM化支援バイナリエディタ
動作OS:Windows 7/Vista/XP
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: Janus 

この作品については、作者がコメント・評価を希望しておりません。

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

フォーマット  インテル  モトローラ  HEX 


「バイナリエディタ」カテゴリーの人気ランキング

  1. FavBinEdit 簡単操作のバイナリエディタ 4GBを超えるファイルの編集も可能で、多くの文字コードにも対応(ユーザー評価:3.5)
  2. Dump4w 任意のファイル(推奨1TBまで)を16進で表示・編集できるバイナリファイルエディタ(ユーザー評価:4)
  3. 驚異のシンボル付きバイナリエディッタ TSXBIN 64版 シンボル付きで表示できるバイナリエディッタ(ユーザー評価:0)
  4. Dump4w 64bit 任意のファイル(推奨1TBまで)を16進で表示・編集できるバイナリファイルエディタ(ユーザー評価:0)
  5. Moontail 基本的な機能を備えたバイナリエディタ(ユーザー評価:0)

「バイナリファイル処理」カテゴリのソフトレビュー

  • FavBinEdit 1.0.2 - 4GBを超えるファイルもすばやく開いて編集できるバイナリエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック