cvr

コマンドラインからC言語C1相当カバレッジ用ソースコードを生成


ソフト詳細説明

cvr.exe [出力先フォルダ] [変換対象ファイル(複数定義可)]

- 出力先フォルダ
出力先フォルダパス
- 変換対象ファイル
変換対象となるC言語ソースファイル
変換結果のファイルは出力先フォルダに同名で作成される
複数定義可

[利用方法]
1. カバレッジテスト対象のソースコードを用意する。
2. カバレッジの対象となるソースを「変換対象ファイル」に指定してcvr.exeコマンドを実行する。
「出力先フォルダ」は変換対象ファイルと別のフォルダを指定すること。
3. 「出力先フォルダ」に作成される「変換対象ファイル」と同名のファイルに「coverage.c」を加えて既存の環境と同様の条件でビルドを行う。
4. カバレッジプログラムを実行すると以下のカバレッジ結果が出力される。
- 網羅率が100%で無い場合、標準エラー出力に通過していない条件のパスとファイルごとの網羅率を出力する。
- 終了時点のカレントフォルダに全ての条件のパスに対する通過数とファイルごとの網羅率をファイル「coverage_result.csv」に出力する。

[その他]
- 変換対象ファイルで「_nc」の文字がある場合、その行をカバレッジ判定対象から除外する。
子の機能を利用する場合、↓の様な定義をファイルの先頭に追加することでビルド時に問題が無いようにしておく必要がある。

cvr.exe [/h] <coverage code> [<base source code> <conversion source code>]

<base source code> and <conversion source code> must be defined in pairs. Multiple definitions are possible
make <conversion source code> from above command.
build with <coverage code> and <conversion source code> instead of <base source>.
run the program with enviroment variables.

no check code
Describe '*CVR_NO_CHECK*', '*CVR_NO_CHECK_0*', '*CVR_NO_CHECK_1*' in the comment after the process you want to exclude from the target.

enviroment variables
COVERAGE_OUTPUT_PATH:Optional. Coverage result file path. If without this, output 'TMP' or 'TEMP' or current directory.
COVERAGE_NO_CHECK_LIST:Optional. Create a file with 'COVERAGE_OUTPUT_PATH' items you don't want
COVERAGE_SPAN_OUT:Optional. default 0. Span(s) of output.

動作環境

cvrの対応動作環境
ソフト名:cvr
動作OS:Windows 7
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: yellow 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンド  C言語  相当  ライン  コード  カバレッジ 


「C言語」カテゴリーの人気ランキング

  1. 学習用C言語開発環境 ベータ版 これまでで最もシンプルなC言語開発環境(ユーザー評価:0)
  2. フローチャート自動生成ツール yFlowGen C,C++言語で記載されたコードからフローチャートを自動生成する(ユーザー評価:4.5)
  3. リソーエディタ Win32開発用のリソースエディタ(ユーザー評価:0)
  4. C言語を始めよう! Ver2 C言語ミニ開発環境(ユーザー評価:4.5)
  5. Visual Windows for BC++ BC++5.5のウィンドウズ統合環境(ユーザー評価:4.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック