cHspComp

カスタムアイコンを使用した実行ファイルの作成も可能なHSP3用コマンドラインコンパイラ


ソフト詳細説明

●cHspCompとは

コマンドラインランチャーやTeraPadなどのコマンドラインランチャー機能付きのエディタから起動して、HSPスクリプトの実行、コンパイル、およびHSPスクリプトから実行ファイル作成を行うためのソフトです。

●基本機能

★「obj」または「start.ax」または「(ファイル名).ax」という名前でコンパイル
★オブジェクトファイル実行
★コンパイル+実行
★実行ファイル自動作成
★一番最近に出力されたHSPCMP.DLLからのメッセージを表示
★HSPのキーワード一覧を表示

●オプション機能

★スクリプトに埋め込まれた文字列を起動オプションとみなして実行
★スクリプトに埋め込まれたパスのアイコンファイルをファイルアイコンとして使用して実行ファイル作成
★スクリプトに埋め込まれた名前のスクリプトをコンパイル
★デバッグウィンドウ常時表示指定
★デバッグ情報/デバッグシンボル追加指定
★HSP拡張マクロ非使用指定

●その他

★アーカイブにはソーススクリプトが同梱されています

動作環境

cHspCompの対応動作環境
ソフト名:cHspComp
動作OS:Windows XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: chrono 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンドライン  カスタム  コンパイラ  HSP 


「HSP」カテゴリーの人気ランキング

  1. E2gmA DPM内ファイルの閲覧・抽出ツール(WinXP用)(ユーザー評価:0)
  2. Le.Antilla HSPコンパイラと連携可能な開発者用エディタ(ユーザー評価:3.5)
  3. hspdsp.dll HSP3.xなどでDirectShow を利用して動画再生する DLL(ユーザー評価:0)
  4. HSPSMART.DLL HSPからディスクの情報やS.M.A.R.T.情報を取得するDLL(ユーザー評価:0)
  5. Dish P Helper HSP3Dish Helperで作成したプロジェクトに対して内容を閲覧/変更をすることができる(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック