MotionLink InterFACE-II

市販のUSBカメラを利用したフリーのヘッドトラッキングインターフェース・ソフトウェア


ソフト詳細説明

MotionLink InterFACE-IIは、頭の動きを使用してパソコン操作を行うための、Windows用障害者支援ソフトウェアです。
赤外線LED付きのUSBカメラと反射ポインタによって、使用者の頭の動き(正確には画像内の光点)を認識します。クリックなどにはゲームパッドデバイスによるスイッチ入力を使用します。
付属のスクリーンボードと組み合わせ、マウスやキーボードなどあらゆる操作を簡単に行うことができます。これによりキーボードやマウスを使用できなくとも、簡単にパソコンの操作を行うことができます。
このような方式の入力装置は市販品でも幾つかありますが、どれも数万〜十数万円以上の価格がついています。助成金を頼ることもできますが、障害の程度によっては承認が降りないこともあるようです。MotionLink InterFACE-IIは市販の赤外線LED付きのUSBカメラと、100円ショップなどでも売っている反射ポインタを組み合わせることで、同等か、それ以上の機能をユーザーに提供します。ゲームパッドデバイスを除けば、必要な費用は4000円程度で済ませることができます。
ハードウェアなどについてはホームページ(http://fuji3.mydns.jp/mlinterface/) を参照して下さい。

動作環境

MotionLink InterFACE-IIの対応動作環境
ソフト名:MotionLink InterFACE-II
動作OS:Windows Vista/XP/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: N.Fujishige 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

USB  カメラ  ヘッド  トラッキング 


「障害者用」カテゴリーの人気ランキング

  1. クイックトーク スムーズな音声会話を支援、コミュニケーション・エイドとしても利用できる (w10・64ビット対応)(ユーザー評価:0)
  2. 緊急通知システム キーひと押しで緊急時のメッセージ通知(ユーザー評価:0)
  3. オリジナル個別支援計画&支援記録ソフト 就労移行支援、就労継続A雇用型、就労継続支援B型の個別支援計画、概要書、暫定評価票、支援記録を簡単作成(ユーザー評価:0)
  4. 赤シートソフト パソコン上の赤い文字を消し、暗記学習が行える(ユーザー評価:0)
  5. イメージ読み取りWinBES99かな入力作成 (Windows10) Windows10 で イメージ文書からテキストを読み取り点字ソフトWinBES99用のかなテキストファイルを作成(ユーザー評価:0)

「障害者用」カテゴリのソフトレビュー

  • クイックトーク 1.5.0 - フリック入力+文章のリアルタイム予測でスムーズな会話を支援する読み上げソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック