TELNET サーバー RMK for windows

TELNETサーバー


ソフト詳細説明

1.実行環境
本プログラムを付属のrmkdll.dllと同じデレクトリで実行してください。
2.クライアント->サーバー(rmk起動マシン)をDOSシェルモーで操作します。
被操作側(サーバー)では RMKを起動
操作側(クライアント)では TELNETなどを起動
あとは DOSコマンドで操作します。
3.オプション設定)
引数の順序は任意です -> つまり -s -h も -h -s も同じです。
s/r/dオプションはどれか1つ
-s プログラム起動
-r プログラム再起動
-d プログラム中断
i/uオプションはどれか1つ
-i レジストリスタートアップ登録
-u レジストリスタートアップ削除
-h ヒドウンモード(ウインドウフォームの非表示)
-m 動作モード表示
-c 同時接続数「2桁までの数字」(指定なしは99)
-p パス設定「19文字以内の英数字_」(指定なしはノンパス)
-o ポート指定「5桁までの数字」(指定なしは23)
※クライアントからのオプション
/m -mと同じ表示をシェルで表示する
4.実行例
rmk -s -p pass -o 123 -> rmkをパス=pass ポート=123で起動します。

動作環境

TELNET サーバー RMK for windowsの対応動作環境
ソフト名:TELNET サーバー RMK for windows
動作OS:Windows 7/XP/2000
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: rukakuro 

ユーザーの評価(1人):4.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

サーバー  TELNET 


「ホストプログラム関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. TELNET サーバー RMK for windows TELNETサーバー(ユーザー評価:4.5)
  2. S/FTP Server シンプルでセキュアなFTPサーバ(ユーザー評価:0)
  3. 2BDaemon 簡易サーバ構築ツール(ユーザー評価:0)
  4. S/HTTP Server コマンドラインから起動するシンプルなHTTPサーバプログラム(ユーザー評価:0)

「通信」カテゴリのソフトレビュー

  • Orb 2.00.0930 - 簡単な操作で自宅マシンの“パーソナル放送局”化を実現できるネットワーク配信ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック