LV-CP2112

Silicon Laboratories社製USB⇔I2C変換チップCP2112用LabVIEWドライバ


ソフト詳細説明

Silicon Laboratories社製USB⇔I2C変換チップCP2112 を
ナショナルインスツルメンツ社が提供する開発環境『LabVIEW』で利用する
ドライバです。
USB⇔I2C変換チップ幾つかのメーカから提供されています。今回はWrapドライバを作成
する上で情報入手のしやすいSilicon Laboratories社製CP2112を採用しました。
このチップを使用した評価ボードはSilicon Laboratories社以外にもサンハヤト社から
提供されている意味合いが大きいです。
ナショナルインスツルメンツ社もNI845xというSPI/I2C用のデバイスを提供していますが、
単にI2Cデバイスを使用したいというニーズからすると高価すぎます。解析目的なら兎も角。
CP2112は安価です。とりあえず評価する上の導入に使って戴ければと思います。
使用方法については同梱していますInfo.txtファイルをご覧ください。

動作環境

LV-CP2112の対応動作環境
ソフト名:LV-CP2112
動作OS:Windows 10/7
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: toolsbox 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  ドライバ  USB  LabVIEW  CP  チップ  Silicon  Laboratories 


「その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. ファイナルパソコンデータ引越し Win10特別版 古いパソコンから新しいパソコンにデータと設定を引越し!(ユーザー評価:3)
  2. Easter USBメモリやHDD、PCMCIA/IEEE1394機器等の「安全な取り外し」を取り消す(ユーザー評価:4.5)
  3. Unhotplug ホットキーでデバイスを安全に取り外し(ユーザー評価:4)
  4. FeliCa IDM表示ツール FeliCaの固有IDMを表示(ユーザー評価:0)
  5. TouchSwitch Win8/8.1/Win10 用タッチパネル有効・無効切り替えアプリ(ユーザー評価:4.5)

「その他」カテゴリのソフトレビュー

  • ファイナルパソコンデータ引越し9 plus - 簡単・安全にデータと環境設定を引っ越しできる、パソコン移行ソフトの新バージョン
  • Easter 0.92 - 「安全な取り外し」状態になった機器の接続を簡単に“復活”できるソフト
  • Unhotplug 1.2.3 - ホットプラグ対応デバイスの取り外しをホットキーで行えるユーティリティ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック