LtAct

LTSpice用の回路図を出力できる、アクティブフィルタの設計と合成 支援ソフト


ソフト詳細説明

概要
LtActはアナログフィルタの設計において、所望の特性パラメータを入力するだけの簡単な操作により、
自動的に回路を設計して、リニアテクノロジー(現在はアナログ・デヴァイセズ)が開発した、
フリーで利用できる電子回路シミュレータ「LTSpice」で利用可能な回路図ファイルを自動作成します。

このプログラムでは以下のフィルタが設計出来ます。
1。フィルタの種類
a.ローパス・フィルタ
b.ハイパス・フィルタ
c.バンドパス・フィルタ
d.バンドエリミネーション・フィルタ

2。フィルタの特性
a.バターワース・フィルタ
b.チェビシェフ・フィルタ
c.逆チェビシェフ・フィルタ
d.楕円関数・フィルタ

また、おまけの機能として、
1。周波数・利得特性のグラフ表示機能
2。フィルタの伝達関数の極とゼロの配置グラフ表示機能
3。アナログフィルタをディジタルフィルタに変換する機能
4。フィルタの伝達関数の係数の表示及びファイル出力機能
があります。

** 回路の素子値はE6シリーズからE96シリーズまでの標準的なシリーズ値へ
のフィッティングが自動計算されます。

動作環境

LtActの対応動作環境
ソフト名:LtAct
動作OS:Windows 10
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 三浦 高志 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

設計  合成  フィルタ  アクティブ  回路図  LTSpice 


「技術・工学」カテゴリーの人気ランキング

  1. ColorAC CIE色度図作成ソフト(ユーザー評価:4.5)
  2. Algodoo マウスで描いたオブジェクトを、物理現象にあわせて動かせる物理シミュレータ(ユーザー評価:0)
  3. GRDS コイルの巻数・寸法、抵抗器カラーコード判読、バリコンや周波数・アンテナ等の計算でゲルマラジオを設計(ユーザー評価:0)
  4. Sdec_V16 -2 (Surface Dose Evaluation Code ver.16) 診断X線の入射表面線量計算ソフト(ユーザー評価:0)
  5. 物理演算モデラーソフトRIGOHN3 設計から操作まで全て物理演算するリアルタイム力学エンジン トレーラーやクレーン車の豊富なサンプル付(ユーザー評価:0)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • Mitaka 1.3.1 - 最新の観測結果や理論をもとに宇宙を再現する“インタラクティブ4次元デジタル宇宙ビューア”
  • Algodoo 2.1.0 - 実験装置を作って物体の運動を観察できる“遊びながら学べる”物理シミュレータ
  • ACD/ChemSketch Freeware 14.01 - 分子の3D表示や実験器具の描画も可能な、フリーの化学構造式描画ソフト
  • ColorAC 0.729 - 美しいCIE色度図を簡単な操作で作成できるソフト
  • Stellarium 1.12.0 - 美しく、リアルな星空を手軽に楽しめる高機能3Dプラネタリウムソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック