LtAct

アクティブフィルタの設計とLTSpice用の回路図作成


ダウンロード

LtAct3.00のダウンロードファイル情報
ソフト名:LtAct3.00
ファイル:LtAct.zip / 82,930,666Bytes / 2021.09.08

追加説明

- 追加説明 -
ver.3.00では
「表示・出力」に「Fc付近のゲインリストを出力する」を追加しました。
「LtAct」で作成したフィルタの周波数特性を改善したい時には、
複数の周波数でゲイン調整するほうが設計性能に近づけられるのでこの機能を追加しました。
各ブロックのカットオフ周波数Fcの半分から2倍の範囲で19点のゲインリストを出力します。
周波数特性のピークやディップの正確な周波数とゲインを確認するには、
設計するフィルタの周波数が高い場合には、周波数の桁を下げて10KHz台のフィルタの回路図を
作成して、「LTSpice」を利用して確認してください。
10MHzのローパスフィルタの調整例を「LP1_6-but-10MHz.asc」から「LP4_6-ellip-10MHz.asc」
まで8例示しました。


ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

設計  フィルタ  アクティブ  回路図  LTSpice 


「技術・工学」カテゴリーの人気ランキング

  1. ColorAC CIE色度図作成ソフト(ユーザー評価:4.5)
  2. Algodoo マウスで描いたオブジェクトを、物理現象にあわせて動かせる物理シミュレータ(ユーザー評価:0)
  3. GRDS コイルの巻数・寸法、抵抗器カラーコード判読、バリコンや周波数・アンテナ等の計算でゲルマラジオを設計(ユーザー評価:0)
  4. Sdec_V17 (Surface Dose Evaluation Code ver.17) 診断X線の入射表面線量計算ソフト Sdec_V17(ユーザー評価:0)
  5. ロジック工房 ロジック回路の動作をリアルタイムにシミュレーションする簡易シミュレーター(ユーザー評価:0)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • Mitaka 1.3.1 - 最新の観測結果や理論をもとに宇宙を再現する“インタラクティブ4次元デジタル宇宙ビューア”
  • Algodoo 2.1.0 - 実験装置を作って物体の運動を観察できる“遊びながら学べる”物理シミュレータ
  • ACD/ChemSketch Freeware 14.01 - 分子の3D表示や実験器具の描画も可能な、フリーの化学構造式描画ソフト
  • ColorAC 0.729 - 美しいCIE色度図を簡単な操作で作成できるソフト
  • Stellarium 1.12.0 - 美しく、リアルな星空を手軽に楽しめる高機能3Dプラネタリウムソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック