KUHEN_W_CTRL_C

Windows画面上の文字をマウス等で反転後 Ctrl + C 連続2回でWeb検索を実行出来る翻訳業等で便利なソフト


ソフト詳細説明

【無料・無保証のソフトです】

このソフト最大の特徴は、Windnows画面上に表示されている文字であれば「検索文字」として使えます。
Word内だけ、とか、エディタ内だけという制限はありません。

Web検索をしたい文字をマウスで選択し → 【 Ctrl + C 】 を2回連打(3秒以内)すれば
一度に、「Googleフレーズ検索」「Webilio」「英辞郎」「FDA」「PMDA」が、選択した文字で検索結果が
既定のブラウザ(Chrome推奨)で表示されます。

【 Ctrl + C 】を1回押した後、SHIFTキー長押しで同音異義語のサイト検索や、Googleマップへの検索が可能。

動作環境

KUHEN_W_CTRL_Cの対応動作環境
ソフト名:KUHEN_W_CTRL_C
動作OS:Windows 10/7/Vista
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: くーへん 

ユーザーの評価(2人):4.5
コメント:2
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

基本料金無料の『みんなの電子署名』

■関連キーワード

検索  マウス  Web  反転  Ctrl  翻訳 


「特許関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. 特許明細書の段落番号等を操作するマクロ 番号付与や再付与をするマクロ 【化】【数】【表】や【化1-1】等、HTMLファイルにも再付与が可能(ユーザー評価:4)
  2. ツリー作成ツール〜【請求項1】〜【請求項999】 特許請求の範囲〜クレームツリー作成〜出力ツリーはテキスト形式でコピー&ペースト可能〜請求項3桁対応(ユーザー評価:4)
  3. DAIFUGO MS-WORDを使う特許明細書担当者には必携の実践的符号表作成マクロ for MS-WORD2010以降(ユーザー評価:0)
  4. DANRAKU 【段落番号】の自動付与・振り直しなどを1クリックで行うためのアドイン 英文明細書の形式にも対応(ユーザー評価:4.5)
  5. 秀丸版特許事務ツール 特許明細書作成担当者には必携のマクロ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
基本料金無料の『みんなの電子署名』