RunDxfNET (オプトメディア版)

Drag& Drop + ボタン一押しで、複数の図面を一度に変換 「AutoCAD(LT)2007-2009対応」


ソフト詳細説明

RunDxfNETはAutoCADをコントロールして、Dwgのバージョン変換及びデータ変換("dwg"←→"dxf")を連続で行うソフトです。
AutoCAD単体では変換を一枚ずつ行う必要が有りますが、RunDxfNETを使用すれば、[Drag& Drop + ボタン一押し]で、複数の図面を一度に変換する事が出来ます。
(このソフトは、多数のユーザーにご使用していただいている「RunDxf」のAutoCAD(LT)2007、2008、2009の対応版でもあります。)

こちら(ベクター)では、無料で使用することが出来るオプトメディア版(広告表示)を配布していますが、当方のホームページでは、広告を表示しないシェアウエア版の配布も行っています。

動作環境

RunDxfNET (オプトメディア版)の対応動作環境
ソフト名:RunDxfNET (オプトメディア版)
動作OS:Windows XP/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト(広告付)
作者: WindClouds 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  図面  LT  押し  AutoCAD 


「AutoCAD用」カテゴリーの人気ランキング

  1. 単結部品I 電気設備、単線結線図用シンボル集(ユーザー評価:0)
  2. DXFDWG DXF、DWG相互間で一括変換(ユーザー評価:0)
  3. SIMAデータをDXFデータへ変換ユーティリティー 測地データ交換用SIMAデータ(SIM)をAutoDesk社交換フォーマッ トであるDXFデータへ変換(SimaToACAD)(ユーザー評価:0)
  4. 三斜自動切りおよび面積表の作成 ACAD専用 (TriBun) 三斜自動切りおよび面積表の作成 AutoCAD LT 専用 (TriBun)(ユーザー評価:4.5)
  5. 車両軌跡描画ツール for AutoCAD/LT AutoCAD(またはLT)上に、車両(普通自動車・セミトレーラ)の軌跡を描画する(ユーザー評価:0)

「CAD・NC・プロッタ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック