IconRemaker

EXEやDLL内のリソースアイコンをHSV変換や回転処理をして保存できるアイコン再製ツール


ソフト詳細説明

EXEファイルやDLLファイルなどにリソースとして格納されている、アイコンを抽出して保存するソフトです。
これだけならいたって普通ですが、IconRemakerはリソースのアイコンに色調変更(HSV調整)や回転・反転処理を加えることで、世界に1つだけのオリジナルアイコンが簡単に作成できます。
デスクトップのアイコンのトーンを統一したものに仕上たり、少しずつ色調の違うアイコンをたくさんつくったりすることが簡単にできます。
また巷にあふれるアイコンファイルも読み込んで変換することができるので、特にアイコンの色を変えたいときには役に立つでしょう。

主な機能
・リソースからアイコンを抽出する。
・色調(HSV形式)を変更して、人とはちょっと違ったアイコンが作成できる。
・アイコンが含まれているDLLファイル, CPLファイルをメニューからすばやく開ける。
・アイコン編集時を最大100%から800%まで拡大して表示できる。
・グループアイコン内から1つを取り出し単一のアイコンとして保存できる。
・アイコンをビットマップやPNGとして保存できる。
などがあります。

動作環境

IconRemakerの対応動作環境
ソフト名:IconRemaker
動作OS:Windows XP/2000/NT
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: ミルキー 

ユーザーの評価(2人):4
コメント:2
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  アイコン  回転  DLL  HSV  EXE  再製 


「ユーティリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. アイコン ウィザード 1枚の画像から複数のサイズに対応したアイコンファイルが作れる(ユーザー評価:4.5)
  2. Iconion フリーのアイコンフォントをもとにスタイルを変え、オリジナルアイコンを作成できる(ユーザー評価:0.5)
  3. おきらく!アイコンエディタ らくらくシンプル機能で写真もアイコン化 定番機能搭載のオールマイティツール(ユーザー評価:3.5)
  4. KH IconClip2008 Vista完全対応、アイコン/カーソル収集・管理・編集ツール(ユーザー評価:0)
  5. IconRemaker EXEやDLL内のリソースアイコンをHSV変換や回転処理をして保存できるアイコン再製ツール(ユーザー評価:4)

「アイコン」カテゴリのソフトレビュー

  • Iconion 2.1 - フリーのアイコンフォントをアレンジして、オリジナルのアイコン画像を簡単に作成できるソフト
  • KH IconClip2008 4.00 - 256×256の圧縮形式アイコンにも対応した多機能アイコン/カーソル抽出・管理ソフト
  • IconRemaker 1.02 - EXEやDLL内のリソースアイコンをHSV変換や回転処理をして保存できるアイコン再製ツール
  • おきらく!アイコンエディタ 1.00 - マルチプルアイコンを作成することもできる簡単操作のアイコンエディタ
  • アイコン ウィザード 1.0 - 複数サイズに対応するアイコンファイルをウィザード形式で作成できるソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック