SSime

IMEのON,OFFをShift+Spaceキーで行えるようにする


ソフト詳細説明

Linuxのkinput2のようにShift+SpaceキーでIMEのON,OFFができるようになるプログラムです。
ホームポジションから手を離したくない人、Linuxのkinput2になれた人などぜひ使ってみてください。

動作環境

SSimeの対応動作環境
ソフト名:SSime
動作OS:Windows 98
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: ara4 

ユーザーの評価(2人):4
コメント:2
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

キー  Shift  IME  Space 


「IME用」カテゴリーの人気ランキング

  1. AgainTyper その名前の通り、直前にタイプしたものをもう一度タイプする(ユーザー評価:4)
  2. TEGA Module for TSK マウス入力による手書き文字認識(ユーザー評価:0)
  3. TrayIME IME管理統合Tool(ユーザー評価:3.5)
  4. 異体字転 異体字の相互変換アクセサリ JIS第3・4水準にも対応(ユーザー評価:3.5)
  5. IME制御コマンドIMEC コマンドラインから使用するIME制御コマンド「IMEC」(ユーザー評価:4.5)

「IME用」カテゴリのソフトレビュー

  • AgainTyper 1.40 - 入力されたキーを記憶し、IMEのON/OFFによる誤入力などをカバーしてくれるユーティリティ
  • Trail Soft Keyboard 0.97 - 手書き文字認識もできるソフトキーボード

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック