goURL

URLの起動を行う


ソフト詳細説明

goURLはカーソル位置の URL(http://〜)を rundll32.exeを介して実行するマクロです。
URLのタグジャンプ的なものですが、 単に TEMPホルダーに InternetShortcutを作成し"rundll32.exe url.dll,OpenURL c:\windows\temp\MIW_inet.url"を 実行しているだけです。 同様にメールアドレスも実行します。

なお、現在対応状況は、

http://
https://
news://
ftp:// (Ver1.05より対応)
mailto: (メールアドレスであれば無くても良い)

ですが、特にリクエストがあれば追加対応したいと思います。

動作環境

goURLの対応動作環境
ソフト名:goURL
動作OS:Windows NT/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Yoshi-a 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  URL 


「MIFES」カテゴリーの人気ランキング

  1. comma 縦に並んだ文字列の最後にコンマをうつマクロ(ユーザー評価:0)
  2. DELSPC.mac 連続した空白を削除(ユーザー評価:0)
  3. goURL URLの起動を行う(ユーザー評価:0)
  4. Opener Lite MIFES for Windows Ver 3.0 の履歴にあるファイルを読み込むマクロ(ユーザー評価:0)
  5. TAB タブインデントの増減などの行頭文字列の一括操作(ユーザー評価:0)

「テキストエディタ」カテゴリのソフトレビュー

  • AkelPad 4 4.9.3 - 必要な機能だけをプラグインで組み込める、SDI/MDI両対応の軽快なテキストエディタ
  • Giga Text Viewer 1.2.0.5 - ビッグサイズのファイルも瞬時に開いて閲覧できる、シンプルなテキストビューア
  • e-メモ 0.26 - リッチテキスト形式や文字・段落の書式設定にも対応した“ワープロ風”テキストエディタ
  • 秀丸エディタ 8.00 - 「ファイルマネージャ枠」などで、さらに機能を充実させた“定番”テキストエディタの新バージョン
  • GoEditor for Windows 0.98 - 強力な編集・検索機能と壁紙表示機能などのユニークな機能とをあわせ持つテキストエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック