Output-CommandLine

渡されたコマンドライン引数をテキストファイルとして出力、コマンドライン引数の確認用ツール


ソフト詳細説明

Output-CommandLine は、渡されたコマンドライン引数を、テキストファイルとして出力するソフトウェアです。(追記出力していきます。)

何度も渡されるコマンドライン引数の確認用に作ったものなので、メッセージボックスなどは表示しません。


例えば、
foo.exe が、コマンドライン引数を渡して bar.exe を起動させているとします。

その場合、Output-CommandLine.exe を bar.exe にリネームし、foo.exe から bar.exe(リネームしたOutput-CommandLine.exe)を起動させれば、
bar.exe と同じ場所に、Output-CommandLine.txt というファイル名で、foo.exe から渡されるコマンドライン引数をテキストファイルに追記出力していきます。


レジストリは使用しません。

動作環境

Output-CommandLineの対応動作環境
ソフト名:Output-CommandLine
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 冬野 善文 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

テキストファイル  コマンドライン  引数 


「その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. Ragud Mezegis アプリケーション(主にゲーム)の動作速度を調整する(ユーザー評価:4.5)
  2. ClockPod 使用中のウィンドウに張りつく、時計などの情報表示ツール(ユーザー評価:0)
  3. ポイント位置の文字列取得 画面上の文字情報をテキストとして取り込む(HTML対応)(ユーザー評価:3.5)
  4. StretchView 画面をリアルタイムに反転,拡大,回転して見られる(ユーザー評価:0)
  5. おうるまいて〜 22種類のツール(機能)を1つにまとめたオールマイティソフト(ユーザー評価:0)

「その他」カテゴリのソフトレビュー

  • StretchView 1.0 - 任意のデスクトップ領域を、拡大・回転・反転表示させることができるソフト
  • ポイント位置の文字列取得 1.90 - デスクトップに表示された文字列をテキスト情報として取得できるソフト
  • おうるまいて〜 7.2.1 - ひとつの画面にさまざまな機能を詰め込んだユーティリティパック
  • QuickDir 0.69 - タイトルバーのクリックで、すばやくインストールフォルダにアクセスできるソフト
  • 座右のメイド 0.9.11.5 - キャラクタも表示できる、タスクトレイ常駐型の多機能ユーティリティ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック