RunCMD for MBCS

CUIソフト用ラッパー、GUIでフォルダ選択+αが可能、WgetなどのCUIソフトのお供に


ソフト詳細説明

RunCMDは、いわゆるラッパー(Wrapper)に分類されるソフトウェアです。
CUIソフトを起動する前に本ソフトを間にはさむ事により、GUIでフォルダの選択などを行うことが出来ます。

もともとは、WgetというCUIソフトに、フォルダをGUIで選択して渡すことを目的に開発しました。

CUIソフトに限らず、工夫次第でいろいろなソフトウェアに対して使えます。

また、exeファイルのサイズにも気を配りました。
Ver.1.04
MBCS版 :7.00 KB (7,168 バイト)
Unicode版:8.50 KB (8,704 バイト)

Ver.1.00当時
MBCS版 :6.50 KB (6,656 バイト)
Unicode版:8.00 KB (8,192 バイト)

レジストリは使用しません。

■Unicode版 と MBCS版、どちらを使うべき?
・Windows 95/98/98SE/Me をご使用の方は、「RunCMD for MBCS」をご利用ください。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se482491.html

・Windows NT/2000/XP/Vista/7 をご使用の方は、「RunCMD for Unicode」をご利用ください。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se482492.html

動作環境

RunCMD for MBCSの対応動作環境
ソフト名:RunCMD for MBCS
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 冬野 善文 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

お供  CUI  Wget  ラッパー  GUI  フォルダ 


「その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. ポイント位置の文字列取得 画面上の文字情報をテキストとして取り込む(HTML対応)(ユーザー評価:3.5)
  2. ClockPod 使用中のウィンドウに張りつく、時計などの情報表示ツール(ユーザー評価:0)
  3. StretchView 画面をリアルタイムに反転,拡大,回転して見られる(ユーザー評価:0)
  4. おうるまいて〜 22種類のツール(機能)を1つにまとめたオールマイティソフト(ユーザー評価:0)
  5. 窓ストーカー ウインドウのキャプチャ、文字のコピー、日時表示、最前面・半透明表示(ユーザー評価:3.5)

「その他」カテゴリのソフトレビュー

  • StretchView 1.0 - 任意のデスクトップ領域を、拡大・回転・反転表示させることができるソフト
  • ポイント位置の文字列取得 1.90 - デスクトップに表示された文字列をテキスト情報として取得できるソフト
  • おうるまいて〜 7.2.1 - ひとつの画面にさまざまな機能を詰め込んだユーティリティパック
  • QuickDir 0.69 - タイトルバーのクリックで、すばやくインストールフォルダにアクセスできるソフト
  • 座右のメイド 0.9.11.5 - キャラクタも表示できる、タスクトレイ常駐型の多機能ユーティリティ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック