タイムレコーダー

パソコンへのログオン・ログオフ時刻をサーバに送信し、勤務管理の省力化を手助けする


ソフト詳細説明

大量パソコン整備時代の必須ツール本製品は、パソコンへのログオン時にログオン時刻と前回のログオフ時刻をホスト名、IPアドレス、MACアドレス、ユーザー名と共に指定したWEBサーバに送信する機能を有します。
但し、イベントログ情報が利用可能で、かつ複数ユーザーを管理しない場合に送信される時刻は、Windowsの起動時刻と終了時刻となり、送信後タイムレコーダーは即終了するため、無駄な常駐はしません。
WEBサーバ側の機能は、各組織にて自前でご用意頂き、自在に処理して頂くことが基本ですが、簡易的に付属のサーバサンプルをご利用頂くことも可能です。
サーバサンプルをそのまままたは若干変更して使用することにより、タイムレコーダーから送信されたデータをデータベース(MS SQLサーバ、MS Access MDBファイル、MySQL、オラクル等)に書き込む機能を持ったサイトを容易に構築することが可能です。
NTP(Network Time Protocol)サーバを利用して、時刻を補正する機能を有しているため、たとえユーザがパソコンの時刻を手動で変更したとしても、そのパソコンを長期間ネットワークから切り離している場合を除いては、ほぼ正確な時刻が書き込まれます。
また、サーバ側での一元管理機能を作成できない組織のために、パソコン内にCSVファイルも保存されるようになっています。
【試用版の機能制限】
(1) ホスト名、 IPアドレス、 MACアドレス 、ユーザ名の最後の1文字を「*」に変更して送信します。
(2) 日時は、「分」の単位を「00」と切り捨てて送信します。(例:2007/04/01 03:00)
(3) 設定画面を閉じるたびに弊社のタイムレコーダーページへの接続を促すメッセージを表示します。
上記の3点以外は、製品版と全く同様です。

動作環境

タイムレコーダーの対応動作環境
ソフト名:タイムレコーダー
動作OS:Windows Vista/XP/Me/2000/NT/98
機種:汎用
種類:サンプル版
作者: (株)ハイセライト 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

送信  時刻  サーバ  勤務  ログオフ  ログオン  省力  手助け 


「起動&終了ログ」カテゴリーの人気ランキング

  1. Windows 稼動簿 Windows の稼働状況を余すところなく、徹底的にデータ化(ユーザー評価:0)
  2. Logon/off Time Logger Windowsの起動・終了(ログオン・ログオフ)時刻をユーザ名やマシン名と共に記録 LAN上の複数PCにも対応(ユーザー評価:4.5)
  3. タイムカード for Windows Windowsの起動・終了時刻、ユーザー名を自動的に記録(ユーザー評価:2.5)
  4. オードメータ パソコンの総使用時間を表示(ユーザー評価:1.5)
  5. タイムレコーダー パソコンへのログオン・ログオフ時刻をサーバに送信し、勤務管理の省力化を手助けする(ユーザー評価:0)

「各種セキュリティ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック