ApplicationTimer

アプリケーションの実行をプログラムタイマでコントロールできる


ソフト詳細説明

このソフトは、アプリケーションをタイマで実行したり、順番に実行させたりするソフトです。

処理の重いソフトなどを リレー方式で実行させ CPUの負荷を分散させたりスタートアップにフォルダ内のアプリケーションの起動を 遅延させ ウインドウズの起動を高速化させる目的で使います。

元々は タスク周期で動くソフトを作っていたのですが、バックアップや、不要ファイルの削除などの常駐アプリを増やすことになると、CPUの負担が増すのでリレー形式で 必要なときだけ必要なアプリケーションを起動させ、終了したフラグで別のアプリを立ち上げるようにしCPUの負担を分散させる目的で作りました。

定義ファイルを作成し 定義の動作終了後に 別の定義を読み込んでループできるので処理を何度も繰り返したり、複数のアプリを連動起動させるのに使えます。

終了時に別の定義を読み込めるので、処理ステップ数は無制限です。

動作環境

ApplicationTimerの対応動作環境
ソフト名:ApplicationTimer
動作OS:Windows XP/Me/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: のんぱぱ 

ユーザーの評価(1人):1.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コントロール  タイマ 


「スタートアップ」カテゴリーの人気ランキング

  1. Quick Startup Windowsのスタートアップを管理する(ユーザー評価:3.5)
  2. みやすたっぷ【便利なスタートアップツール】 スタートアップフォルダをより便利に活用する(ユーザー評価:3)
  3. StartupEX スタートアップの順番管理、遅延起動(ユーザー評価:4)
  4. ApplicationTimer アプリケーションの実行をプログラムタイマでコントロールできる(ユーザー評価:1.5)
  5. Multi RUN アプリケーションなどを順次起動(起動までのウエイト設定可)(ユーザー評価:0)

「システム起動・終了」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック