GENERAL MISSION REFLECTOR

WEBサーバなどに置いた指令書の内容を自動参照してファイルを実行させる


ソフト詳細説明

動作指令書(ミッションファイル)の内容に沿って外部プログラム実行処理(バッチ処理)させるBASICプログラム。

動作にはフリーソフト「 十進BASIC(ver5.9.3以上)」が必要。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA008683/

<主な特徴>

◆ローカルPCはもちろんのこと、LANで繋がったPCやWEBサーバに置かれたミッションファイルの内容を随時読込み反映させることで、遠隔からのファイル実行操作が可能。

◆WEBからのファイル自動読込にはフリーソフト「 SYSYA 」を利用。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA023499/soft/sysya/sysya.html
(作者許可を得て同梱組込)

◆プログラムを関連付けしておけば、ファイルクリックで起動し動作後に自動終了。Windowsのスタートアップやタスクへ登録することでパソコン起動時や指定時刻に動作可能。

◆ミッションファイルには外部プログラム実行命令(直列実行・並列実行)のほか、遅延、ループ、終了、リロード、ログ操作、ミッション切替、文字列記憶などの命令を極めて簡単に記述できる。またこれらの命令には文字列記憶の内容を実行条件として付帯でき、状況に応じた自動選択処理が可能。

◆外部プログラム実行命令では、各種アプリケーション実行ファイル(拡張子EXE)はもちろん、テキストファイル、htmlファイル、画像ファイル、音楽ファイルなど、Windowsアプリケーションに関連付けされたデータファイルは全て指定し動作させることができる。

◆エラーや動作記録をファイルへ自動書込する機能を搭載。また別途設定することでログをWEBサーバに自動転送させることも可能。

なお、このソフトは旧版です。十進BASICで動かしたい場合を除き、後継ソフトの
「 Mission Reflector Fast 」
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se461481.html
の使用をお勧めします。

動作環境

GENERAL MISSION REFLECTORの対応動作環境
ソフト名:GENERAL MISSION REFLECTOR
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98/95
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: カスタムエンジ 

この作品については、作者がコメント・評価を希望しておりません。

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

サーバ  WEB  指令 


「操作関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. キーボードマクロ&マウスマクロ KMmacro 記録したマクロはテキストファイルに保存するので、再利用や後で編集することが可能 常駐モードあり(ユーザー評価:4)
  2. JoyAdapter ゲームデバイスでキーボード、マウスを操作する(ユーザー評価:0)
  3. クリックキャプチャー 表示テキストと画像でウィンドウ操作手順を連続記録(ユーザー評価:3.5)
  4. クリックキャプチャーHi 表示テキストと画像でウィンドウ操作手順を連続記録(ユーザー評価:0)
  5. Key Bat 簡単操作でキーボードとマウスをドライバレベルで機能拡張するマクロツール(ユーザー評価:4.5)

「操作関係」カテゴリのソフトレビュー

  • クリックキャプチャーHi 4.66 - 操作手順を画面キャプチャとテキストとで連続記録。操作説明資料作成の手間を大幅に軽減してくれるソフト
  • クリックキャプチャー 1.80 - マニュアルの作成に適したスクリーンキャプチャ
  • ノーIME2 4.02 - 機能キーの無効化やキー割り当ての変更を定義できるキーカスタマイズソフト
  • Key Bat 3.91 - 簡単なキー/マウス操作から複雑な自動処理までをホットキーで行える高機能マクロユーティリティ
  • PIGYソフトウェアキーボード 1.25 - ウィンドウサイズの自由変更やスキンによる外観の変更にも対応したソフトウェアキーボード

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック