リムーバブルディスク自動実行

リムーバブルディスク挿入時に指定のプログラムを自動で実行


ソフト詳細説明

■ リムーバブルディスクのルートに 「autostart.inf」のファイルを作る。
内容は、「プログラム」と「パラメータ」の指定を一個だけ設定できます。
例1:[AutoStart]
Exec=notepad
Param=c:\aa.txt
これはメモ帳で「装置C」のルートの「aa.txt」のファイルを開きます。
例2:[AutoStart]
Param=c:\aa.txt
これは「aa.txt」のファイルを関連付けされているプログラムで開きます。

例3:[AutoStart]
Param=http://www.vector.co.jp
これで指定のホームページが開きます。

特1:[AutoStart]
Exec=notepad
Param=????bb\aa.txt
これはメモ帳で「リムーバブルディスク内」のbbフォルダーの「aa.txt」のファイルを開きます。

????を使用の場合、実行を監視します。その旨の「メッセージ」を表示して起動し完全に終了すれば「安全です」のメッセージを表示します。

説明:????はリムーバブルディスクの装置名のつもりで使用します。

その他も、この要領で指定すればいろいろと使えると思います。

動作環境

リムーバブルディスク自動実行の対応動作環境
ソフト名:リムーバブルディスク自動実行
動作OS:Windows XP/Me/2000/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 多田 敏文 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

挿入  リムーバブル 


「ディスク用」カテゴリーの人気ランキング

  1. GMail Drive shell extension Gmailのメールサーバをオンラインストレージとして利用する(ユーザー評価:0)
  2. MagicDisc CD/DVDのイメージファイルも作成可能な仮想ドライブ管理ツール(ユーザー評価:0)
  3. HDD-SCAN ハードディスク診断 ハードディスク及びメモリに対する不良セクタの検査/記録面の状態をチェックするプログラム(ユーザー評価:2.5)
  4. DiskErase フロッピードライブやハードディスクのデータを完全消去(ユーザー評価:4.5)
  5. ディスクダンプエディタ ハードディスク、CD-ROM、USBメモリの内容をバイナリエディタ感覚で直接編集(ユーザー評価:2)

「ディスク用」カテゴリのソフトレビュー

  • WinDirStat 1.1.2 - グラフィカルなマップでわかりやすい、ファイル/フォルダのディスク占有状況ビューア
  • MagicDisc 2.7.106 - CD/DVDのイメージファイルも作成できる仮想ドライブユーティリティ
  • Gmail Drive shell extension 1.0.18 - Gmailをローカルドライブのような使い勝手にしてくれるシェル拡張ソフト
  • Disk SpeedUp 1.4.0.888 - 自動実行やスケジュール実行にも対応した、高速・軽快なデフラグソフト
  • Recover Files 3.28 - 対象をファイルの種類で分類してくれる、簡単操作のファイル復元ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック