htaOneLiner.CMD

コマンドプロンプトやバッチファイルで使える一行MSHTAスクリプト


ソフト詳細説明

コマンドプロンプトやバッチファイルで使える一行MSHTAスクリプトです。
IE5.0以降に含まれるMSHTA.EXEを利用します。
MSHTA.EXEでは、引数にJScriptやVBScriptの一行スクリプトが記述できます。
さらに、コマンドプロンプトやバッチファイルでインラインに複数行のスクリプトを記述することも出来ます。

動作環境

htaOneLiner.CMDの対応動作環境
ソフト名:htaOneLiner.CMD
動作OS:Windows XP/Me/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 吉岡 照雄 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「バッチ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. TimeTraveler ディレクトリを監視して、ファイルが転送(作成)された場合、指定したファイルを実行(ユーザー評価:3.5)
  2. あとは よろしく 日付と時間であらゆる処理(ftp,mail,Dialup etc)を自動実行するスケジュール・ソフト(ユーザー評価:0)
  3. ミニマクロ 汎用創造ツール いろんな作業の自動化に!(ユーザー評価:3.5)
  4. Free Macro! Windowsでの操作を記録し、自動化できる汎用マクロツール(ユーザー評価:3.5)
  5. Triple-9 for Windows Windows操作を自動化する(ユーザー評価:4.5)

「バッチ用」カテゴリのソフトレビュー

  • TimeTraveler 1.20 - 指定フォルダ内のファイルを検知してプログラムを自動実行するソフト
  • ミニマクロ 3.73 - 手軽に利用することのできる、マクロ作成機能付き汎用マクロソフト
  • あとは よろしく 1.0 - 高度な自動処理が可能なバッチ処理ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック