TimeTraveler

ディレクトリを監視して、ファイルが転送(作成)された場合、指定したファイルを実行


ソフト詳細説明

TimeTraveler(タイムトラベラー)は、あるディレクトリを監視して、ファイルが転送(作成)された場合、指定したbatファイル/exeファイルを実行するソフトウェアです。

決まった時間に処理を行うのではなく、ある処理が終わった段階でファイルを監視ディレクトリに転送(作成)し、自動的に処理を行わせるといった仕組みが簡単に構築出来ます。

設定項目は以下の通りです。
(1)監視ディレクトリ
(2)監視ファイル(複数可)と実行ファイル
(3)ファイル有無をチェックする間隔(秒)
(4)処理後のファイル削除

設定が終わりましたら、開始ボタンを押せば監視を始めます。
監視を止める場合、停止ボタンを押して下さい。

・監視するファイル名の指定に、ワイルドカード(*)(?)が使用可能です。
・ネットワーク上にあるファイルの監視も可能です。
・最小化時にはタスクトレイに収納されます。
・レジストリは一切使用していません。

動作環境

TimeTravelerの対応動作環境
ソフト名:TimeTraveler
動作OS:Windows 2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: cele 

ユーザーの評価(1人):3.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

監視  転送  ディレクトリ  場合 


「バッチ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. TimeTraveler ディレクトリを監視して、ファイルが転送(作成)された場合、指定したファイルを実行(ユーザー評価:3.5)
  2. あとは よろしく 日付と時間であらゆる処理(ftp,mail,Dialup etc)を自動実行するスケジュール・ソフト(ユーザー評価:0)
  3. ミニマクロ 汎用創造ツール いろんな作業の自動化に!(ユーザー評価:3.5)
  4. Free Macro! Windowsでの操作を記録し、自動化できる汎用マクロツール(ユーザー評価:3.5)
  5. シンプルテキスト分割 1個のテキストを、テキスト内目印行を元に、複数のテキストで出力(ユーザー評価:0)

「バッチ用」カテゴリのソフトレビュー

  • TimeTraveler 1.20 - 指定フォルダ内のファイルを検知してプログラムを自動実行するソフト
  • ミニマクロ 3.73 - 手軽に利用することのできる、マクロ作成機能付き汎用マクロソフト
  • あとは よろしく 1.0 - 高度な自動処理が可能なバッチ処理ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック