WSHランチャ

複数のプログラム、Webページ、ファイル・フォルダなどを、まとめて起動(WSHスクリプトを自動生成)


ソフト詳細説明

操作ひとつで複数のプログラム実行や、ウェブページ・フォルダなどを開くことができます。

作業ごとに毎回きまったファイルやプログラムを開くのが面倒だと思っていませんか?
これを使えば作業ごとにまとめて一度に複数のプログラム、ファイルの実行、フォルダのオープン、ウェブページ(HP)などを開くことができます。

<特徴>
・WSH(Windows Script Host)スクリプトを本ソフトが自動生成することによってランチャー機能を実現します。
・スクリプトのショートカットをいろいろなところに登録したり、ショートカットキーを割り当てるなどするだけでOSの機能を使った手軽で便利な使い方ができます。
・ランチャーにありがちな無駄なスペースを取ることもなく、タスクバーに常駐することもありません。
O・S標準の機能を利用するだけなので動作は軽快で、アンインストールもファイルを削除するだけです(レジストリは使いません)。

WSHは操作を自動化するのに非常に便利な機能です。WSHを利用することは難しくありません。でもスクリプトなどを覚えるということに対して身構えてしまう人もどうしてもいるのではないでしょうか?簡単なことでも勉強するのってそれなりにパワーがいりますよね。本ソフトを使えば直感で操作ができて楽ができます。

タスクバーに常駐したり、画面スペースを占有されるのはイヤ!だけどスクリプトを覚えるのは面倒という方にはいいのではないでしょうか。

動作環境

WSHランチャの対応動作環境
ソフト名:WSHランチャ
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: Yanch 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  スクリプト  自動生成  Web  WSH  フォルダ 


「プログラムランチャー」カテゴリーの人気ランキング

  1. CLaunch 軽さと使い易さを追求したボタン型ランチャー(ユーザー評価:4.5)
  2. Kick in 2000 Windows10にも対応した超スピーディーなランチャー(ユーザー評価:4.5)
  3. Orchis ポップアップメニュー型ランチャ/ファイラ(ユーザー評価:4)
  4. ぷちらんちゃ 「シンプルさ」と「見た目」を重視した使いやすいボタン型ランチャー(ユーザー評価:4.5)
  5. Special Launch シンプルで自由度の高いランチャー プラグインで機能拡張もできる(ユーザー評価:4.5)

「プログラムランチャー」カテゴリのソフトレビュー

  • Wizmo 1.1 - シャットダウンやスクリーンセーバなどをショートカットで実行・起動できるユーティリティ
  • Kick in 2000 5.23 - タスク管理も行える“超スピーディー”な高機能ランチャ
  • Orchis 3.01 - 複数のメニューを使い分けられる高機能メニュー型ランチャ&ファイラ
  • PicoPad for Windows 7.50 - コマンド入力で快適にアイテムを開ける超小型デスクトップアクセサリ
  • ShellExecuter 3.7 - タスク制御も可能な多機能コマンドラインランチャ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック