Job Starter VIII

最大8つまで連続起動可能・ジョブ管理ソフト「今日のお仕事」の相棒


ソフト詳細説明

仕事であれ趣味であれ、パソコンで作業を行なうことが多くなっております。
パソコンでの作業といっても千差万別ですが、使用するソフトが1つだけという作業は少なく、複数のソフトを立ち上げて切り換えながら作業を行なうというケースがほとんどではないでしょうか?
Windows を立ち上げるだけでもかなりの時間がかかるのに、その後複数のソフトを起動するというのは、人によってはかなりのストレスとなります。
こんなときに使用していただきたいのが、Job Starter VIII です。

Job Starter VIII には以下の特徴があります。

1. 最大8個のソフトを連続起動することができます。(個別起動も可能です。)

2. 複数ソフトの連続起動時、各ソフトを起動する前に リソース残量をチェックします。
リソース残量が設定値より低いときは連続起動を中止し、その旨メッセージを表示します。(Windows 9x 上で使用している場合)
ただし、個別起動時にはリソース残量チェックは行ないません。

3. 起動時の表示サイズ(最大、通常、最小)を各ソフトごとに設定することができます。

ただし、ソフトによっては、このサイズ設定が無視されることがあります。

4. ソフト起動時にIMEをオンにする/しない、を設定することができます。
ただし、登録した個々のソフトではなく、すべての登録ソフトが対象となります。

5. 連続起動のインターバルを設定することができます。
CPU速度や起動するソフトの"重さ"に合わせて2秒から10秒に設定してください。

6. タスクトレイに格納し、常駐させることができます。
ただし、ランチャーソフトである、多くのソフトを起動させる、といった理由で、お勧めしておりません。(Windows 9x 上で使用している場合)

7. タスクトレイに格納している状態で、アイコンを左クリックすると、スクリーンセーバーを起動するように設定することができます。
ただし、Windows の[画面のプロパティ]で、スクリーンセーバーを設定していない場合は起動できません。

8. Job Starter VIII を簡単にスタートアップに登録したり、その登録を解除することができます。

9. ジョブ管理ソフト[今日のお仕事]から呼び出すことができます。

動作環境

Job Starter VIIIの対応動作環境
ソフト名:Job Starter VIII
動作OS:Windows XP/Me/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: M_Nakamura 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  仕事  今日  ジョブ  つま  相棒 


「プログラムランチャー」カテゴリーの人気ランキング

  1. CLaunch 軽さと使い易さを追求したボタン型ランチャー(ユーザー評価:4.5)
  2. Orchis ポップアップメニュー型ランチャ/ファイラ(ユーザー評価:4)
  3. ぷちらんちゃ 「シンプルさ」と「見た目」を重視した使いやすいボタン型ランチャー(ユーザー評価:4.5)
  4. Special Launch シンプルで自由度の高いランチャー プラグインで機能拡張もできる(ユーザー評価:4.5)
  5. Kick in 2000 Windows8にも対応した超スピーディーなランチャー(ユーザー評価:4.5)

「プログラムランチャー」カテゴリのソフトレビュー

  • Wizmo 1.1 - シャットダウンやスクリーンセーバなどをショートカットで実行・起動できるユーティリティ
  • Kick in 2000 5.23 - タスク管理も行える“超スピーディー”な高機能ランチャ
  • Orchis 3.01 - 複数のメニューを使い分けられる高機能メニュー型ランチャ&ファイラ
  • PicoPad for Windows 7.50 - コマンド入力で快適にアイテムを開ける超小型デスクトップアクセサリ
  • ShellExecuter 3.7 - タスク制御も可能な多機能コマンドラインランチャ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック