入力フォーム付きキーボードマクロ kmmacrop

キーボードマクロソフト kmmacro に入力フォームをつけ、マクロ言語を Tiny な Lisp にした機能追加版


ソフト詳細説明

仕事で使うソフト等には、何となく使いにくいものがよくあります。「一つの入力にマウスとキーボードを何回も持ち替えなければならない」とか、「いちいち確認のウィンドウが出る」とか、「ほとんど使うことのない選択肢がデフォルト値になっている」とか。ちなみに私の使っているものは、10件の入力にマウスとキーボードの持ち替えを約100回しなければなりません (T_T)。
kmmacrop はキーボードとマウスの動作を再生するいわゆるキーボードマクロソフトで、拙作 KMmacro の姉妹品です。入力処理のアダプタとなって定型的な入力が便利にできるように、入力フォーム機能等を追加しています。
また、V0.70 でマクロ言語を Lisp に変更しました。Lisp というと取っつきにくいイメージがあるかもしれませんが、難しいことをしようとしなければそんなに変わった言語でもないと思います。が、それでもやっぱり Lisp は嫌いという方は「Lisp 嫌いモード」を付けましたので、試してみてください。

動作環境

入力フォーム付きキーボードマクロ kmmacropの対応動作環境
ソフト名:入力フォーム付きキーボードマクロ kmmacrop
動作OS:Windows XP/Me/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: たわしと 

ユーザーの評価(1人):4.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

マクロ  キーボード  言語  フォーム  Lisp  Tiny  kmmacro 


「操作関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. キーボードマクロ&マウスマクロ KMmacro 記録したマクロはテキストファイルに保存するので、再利用や後で編集することが可能 常駐モードあり(ユーザー評価:4)
  2. JoyAdapter ゲームデバイスでキーボード、マウスを操作する(ユーザー評価:0)
  3. クリックキャプチャー 表示テキストと画像でウィンドウ操作手順を連続記録(ユーザー評価:3.5)
  4. クリックキャプチャーHi 表示テキストと画像でウィンドウ操作手順を連続記録(ユーザー評価:0)
  5. Key Bat 簡単操作でキーボードとマウスをドライバレベルで機能拡張するマクロツール(ユーザー評価:4.5)

「操作関係」カテゴリのソフトレビュー

  • クリックキャプチャーHi 4.66 - 操作手順を画面キャプチャとテキストとで連続記録。操作説明資料作成の手間を大幅に軽減してくれるソフト
  • クリックキャプチャー 1.80 - マニュアルの作成に適したスクリーンキャプチャ
  • ノーIME2 4.02 - 機能キーの無効化やキー割り当ての変更を定義できるキーカスタマイズソフト
  • Key Bat 3.91 - 簡単なキー/マウス操作から複雑な自動処理までをホットキーで行える高機能マクロユーティリティ
  • PIGYソフトウェアキーボード 1.25 - ウィンドウサイズの自由変更やスキンによる外観の変更にも対応したソフトウェアキーボード

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック