Window Explorer

実行中の各プロセスが所持しているそれぞれのウィンドウの設定を見たり変更したりするツール


ソフト詳細説明

Window Explorerはウィンドウを操作するためのソフトです。実行中の各プロセスが持つ個々のウィンドウの設定を見たり変更したりできます。

実際に変更できるのは各ウィンドウの
表示状態 -表示/非表示や通常/最大化/最小化の各状態
最前面表示 -最前面に表示するかどうか
有効状態 -有効/無効の状態
位置 -サイズ及びポジション
テキスト -ウィンドウ(コントロール)テキスト
などです。

例えばこのソフトを使うと常に最前面表示されるアプリケーションを、無理矢理に最前面表示解除させたり、通常見ることができないウィンドウを勝手に表示させたり、無効になっているボタンを強制的に有効にしたりすることができます。
また、ウィンドウと云ってもタイトルバーや閉じるボタンの付いた窓のことだけを指すわけではなく、ウィンドウハンドルを持つもの(たとえばキー入力を受けられるコントロールはウィンドウハンドルを持っている)は全てウィンドウなので、普段はできない(する必要もないけど)ボタンやエディットボックスを意味もなく最大化や最小化したりして遊ぶこともできます。

動作環境

Window Explorerの対応動作環境
ソフト名:Window Explorer
動作OS:Windows 98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: femt 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ウィンドウ  プロセス  所持 


「デスクトップ設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. Pageicon Windowsの仮想画面を作り、目的別に画面を分けて作業を行うことができる(ユーザー評価:3.5)
  2. CabFixer 開いているフォルダーや開くフォルダーの表示やサイズを統一(ユーザー評価:3)
  3. Pittoresque table デスクトップのアイコン名を透過・色変更・デスクトップ自体のスタイル変更を行う(ユーザー評価:4.5)
  4. Tray Tools 2000 タスクトレイ上に任意のショートカットを登録し、すばやく起動できるタスクトレイ拡張ソフト(ユーザー評価:0)
  5. RiseUp(ライズアップ) 特定ソフトの沢山のウィンドウから素早く選んで浮かび上がらせるツールで、IMEの状態を色でお知らせ(ユーザー評価:2.5)

「デスクトップ設定」カテゴリのソフトレビュー

  • ウィンドウ位置記憶プログラム 2.17 - 簡単な操作でウィンドウの位置・サイズを記憶し、ワンクリックで再現できる
  • DesktopOK 4.27 - デスクトップアイコンのレイアウトを簡単な操作で保存・復元。複数のレイアウトを切り替えられる
  • Tray Tools 2000 2.7 - 登録したプログラムやファイルをタスクトレイからすばやく呼び出せる
  • Taskbar Shuffle 2.5 - タスクボタンやタスクトレイアイコンを自由に並べ替えられるソフト
  • VirtuaWin 4.3 - 複数の作業環境をスムーズに切り替えながら利用できる、カスタマイズ性の高い仮想デスクトップソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック