MultiRebootManager

マルチOS対応Windows再起動ツール(C,VB,WSH,コマンドラインから制御可能)


ソフト詳細説明

MultiRebootManager は シェル拡張機能を使った Windows の起動・終了ユーティリティです。最大の特徴としてマルチOSのリブートに対応しています。一台のパソコンに,Windows98 と WindowsNT4.0 をインストールしている際,OSの切り替えは手間でしたが,Windows98 での処理時に WindowsNT4.0 で再起動する指示が可能です。(その逆も可能です)

通常のWindows の起動・終了ユーティリティと同様に ログオフ,シャットダウン,電源断,再起動の処理が行え,スタートボタンの右クリックメニューで処理できる為,手間が省けます。

WindowsNT ではサポートしていない周辺機器などがあり環境を共存させている人や,プログラミングは WindowsNTで,マルチメディアは Windows98 でと切り換えに忙しい人や,DLLの開発などでログオフを頻繁にする人には必ず重宝するツールだと思います。尚,DLL形式の為,コマンドラインからの実行や,Visual Basic , Visual C からの利用も可能です。バッチファイルのスクリプトと AT コマンドを利用すれば,電源自動オフなどの処理にも使えるなど幅広く使えます。ATコマンドによるスケジュール設定,バッチファイル,Windows Script Host,VisualBasic 6.0 のサンプルが添付されています

エクスプローラーから終了処理を指示した際に,終了処理を実行する前に起動する処理
を指定できます。

注意
Ver1.01 よりDLLファイル名が "MultiRebootManager.dll" から "MRebootM.dll"に変更になりました。(Windows98 ではDLL置き換え時にロングファイル名を使用できなかった為)ブートファイルを修正する為,インストール前に修復ディスクを作ったり,バックアップをとることをお勧めします。Windows95/Windows98/WindowsNT インストールされている全てのOSにインストールしてから実行して下さい。

動作環境

MultiRebootManagerの対応動作環境
ソフト名:MultiRebootManager
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 大滝 泰徳 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンド  再起動  WSH  ライン  VB  OS 


「起動・パーティション管理等」カテゴリーの人気ランキング

  1. IO.DOS Win95/98のブートメニューからROM-BASICが起動可能に!(ユーザー評価:0)
  2. Startup Sequencer スタートアップ時のHDDアクセスの過負荷を分散し、スムーズな起動を確保(ユーザー評価:2.5)
  3. Boot Changer Windows NT4.0/2000マルチブートの一発再起動 (Win9xからも ランタイム不要)(ユーザー評価:0)
  4. BootSupporter boot.iniを操作し次回起動時のパーティションを変更、再起動/終了/ログオフ/シャットダウンが可能なツール(ユーザー評価:3.5)
  5. ShutdownExec.XLS システム停止時に自動的にユーザ処理を起動するEXCELファイル(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック