Executable file Selector Exsel

現在起動中のOSに合わせて実行するプログラムを切り替える


ソフト詳細説明

MS-DOS と Windows で起動するプログラムを切り替えるためのプログラムです。
たとえば tar や nkf といったソフトは DOS 用のプログラムと Windows 用のプログラムがありますが、そのようなプログラムを、DOS が起動しているときはDOS 用の、Windows が起動しているときは Windows 用のプログラムをというように、自動的に切り替えて起動するようにします。
切り替えて起動するプログラム1組ごとに1つのセレクタプログラムを生成して使用します。

動作環境

Executable file Selector Exselの対応動作環境
ソフト名:Executable file Selector Exsel
動作OS:Windows 7/Vista/XP/2000/98/95 MS-DOS
機種:IBM-PC PC-98 x64
種類:フリーソフト
作者: K.Takata 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  現在  OS 


「バッチ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. TimeTraveler ディレクトリを監視して、ファイルが転送(作成)された場合、指定したファイルを実行(ユーザー評価:3.5)
  2. あとは よろしく 日付と時間であらゆる処理(ftp,mail,Dialup etc)を自動実行するスケジュール・ソフト(ユーザー評価:0)
  3. ミニマクロ 汎用創造ツール いろんな作業の自動化に!(ユーザー評価:3.5)
  4. Free Macro! Windowsでの操作を記録し、自動化できる汎用マクロツール(ユーザー評価:3.5)
  5. メッセージボックス 任意のメッセージで[OK]ボタン付きのメッセージダイアログボックスを表示(ユーザー評価:0)

「バッチ用」カテゴリのソフトレビュー

  • TimeTraveler 1.20 - 指定フォルダ内のファイルを検知してプログラムを自動実行するソフト
  • ミニマクロ 3.73 - 手軽に利用することのできる、マクロ作成機能付き汎用マクロソフト
  • あとは よろしく 1.0 - 高度な自動処理が可能なバッチ処理ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック