いぬのひまわりさん

親からはぐれて迷子になったウィンドウを保護する(常駐ソフト)


ソフト詳細説明

 下記の2タイプの迷子対策ソフトである。
 具体的には、これらの迷子の存在を知らせ、アクティブ化操作の手段を提供する。

 迷子A コントロールパネルやエクスプローラ等のプロパティシートウィンドウ(タスクバーにもAlt+Tabにも出て来ず、呼び出すのに一苦労)

 迷子B 各種エラーや重要な情報を告げるメッセージボックス(ソフトのインストール時や印刷エラー時などに出るメッセージボックスが、アクティブウィンドウの裏に回ってしまって、存在を見落としかねない)

Version 1.01での変更点
?「迷子A3」の適用範囲拡大(主にMS-VB6・BorlandDelphi製ソフトが対象)
?INI項目「勤労少年A3」の新設(?による弊害の救済手段)
?INIファイルの出荷時設定値の一部変更
?MS-WindowsNT4.0に対応(制限事項あり)
?拙作「西表山猫」との併用対策
?捜索結果ウィンドウで、自動更新機能(約5秒間隔)を新設
?INI項目「並べ替え」の新設


 (注)MS-Windows98では、迷子Aの多くがAlt+Tabに出て来るよう改善されたが、本ソフトの有用性は失われないと確信する。NT4.0は、制限付きで動作可能。

動作環境

いぬのひまわりさんの対応動作環境
ソフト名:いぬのひまわりさん
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 明るい少年 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ウィンドウ  常駐  迷子 


「デスクトップ設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. Pageicon Windowsの仮想画面を作り、目的別に画面を分けて作業を行うことができる(ユーザー評価:3.5)
  2. CabFixer 開いているフォルダーや開くフォルダーの表示やサイズを統一(ユーザー評価:3)
  3. Pittoresque table デスクトップのアイコン名を透過・色変更・デスクトップ自体のスタイル変更を行う(ユーザー評価:4.5)
  4. Tray Tools 2000 タスクトレイ上に任意のショートカットを登録し、すばやく起動できるタスクトレイ拡張ソフト(ユーザー評価:0)
  5. RiseUp(ライズアップ) 特定ソフトの沢山のウィンドウから素早く選んで浮かび上がらせるツールで、IMEの状態を色でお知らせ(ユーザー評価:2.5)

「デスクトップ設定」カテゴリのソフトレビュー

  • ウィンドウ位置記憶プログラム 2.17 - 簡単な操作でウィンドウの位置・サイズを記憶し、ワンクリックで再現できる
  • DesktopOK 4.27 - デスクトップアイコンのレイアウトを簡単な操作で保存・復元。複数のレイアウトを切り替えられる
  • Tray Tools 2000 2.7 - 登録したプログラムやファイルをタスクトレイからすばやく呼び出せる
  • Taskbar Shuffle 2.5 - タスクボタンやタスクトレイアイコンを自由に並べ替えられるソフト
  • VirtuaWin 4.3 - 複数の作業環境をスムーズに切り替えながら利用できる、カスタマイズ性の高い仮想デスクトップソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック