Window Messenger

タスクバーを画面上部に置く際の問題を解消 そのほかウインドウ状態の各種制御


ソフト詳細説明

Window Messenger は Windows 95 のタスクバーを画面上部に置いて使用することを支援するフリーソフトです。 その他にも、ウインドウの出現位置を固定したり、邪魔なウインドウをタスクバーの端にアイコン化したり、 画面から完全に消してしまったりすることができます。Window Messenger は常駐ソフトですが、自分自身を画面から消すことができるので常駐していてもまったく邪魔になりません。 画面の下にへばりついているタスクバーが嫌いな方、 時計は画面の上の方にあったほうが見やすいと思う方、スタートメニューのすぐ上に「Windowsの終了」があるのは絶対納得できないという方、ぜひとも Window Messenger をお使い下さい。 あなたのストレスを解消してくれること請け合いです。

<< 主な機能 >>

・デスクトップを監視し、タスクバーにウインドウが重なるのを防止します。
・任意のウインドウの位置・サイズ・表示状態を設定できます。
・任意のウインドウを非表示状態にすることができます。
・任意のウインドウをタスクバーの通知領域(タスクトレイ)にアイコン化できます。
・ダイアログのフォントを強制的にシステムフォントに変更することができます。
・アプリケーション終了時のウインドウ状態を記憶し、次回同じ状態で起動できます。
・必要に応じて一時的に機能を停止することができます。
・設定はウインドウの一覧表から選ぶだけなので簡単です。
・もちろん Window Messenger 自身も非表示・アイコン化できます。

動作環境

Window Messengerの対応動作環境
ソフト名:Window Messenger
動作OS:Windows NT/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 小林 正和 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

状態  ウインドウ  タスクバー  解消  上部 


「デスクトップ設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. Pageicon Windowsの仮想画面を作り、目的別に画面を分けて作業を行うことができる(ユーザー評価:3.5)
  2. CabFixer 開いているフォルダーや開くフォルダーの表示やサイズを統一(ユーザー評価:3)
  3. Pittoresque table デスクトップのアイコン名を透過・色変更・デスクトップ自体のスタイル変更を行う(ユーザー評価:4.5)
  4. Tray Tools 2000 タスクトレイ上に任意のショートカットを登録し、すばやく起動できるタスクトレイ拡張ソフト(ユーザー評価:0)
  5. RiseUp(ライズアップ) 特定ソフトの沢山のウィンドウから素早く選んで浮かび上がらせるツールで、IMEの状態を色でお知らせ(ユーザー評価:2.5)

「デスクトップ設定」カテゴリのソフトレビュー

  • ウィンドウ位置記憶プログラム 2.17 - 簡単な操作でウィンドウの位置・サイズを記憶し、ワンクリックで再現できる
  • DesktopOK 4.27 - デスクトップアイコンのレイアウトを簡単な操作で保存・復元。複数のレイアウトを切り替えられる
  • Tray Tools 2000 2.7 - 登録したプログラムやファイルをタスクトレイからすばやく呼び出せる
  • Taskbar Shuffle 2.5 - タスクボタンやタスクトレイアイコンを自由に並べ替えられるソフト
  • VirtuaWin 4.3 - 複数の作業環境をスムーズに切り替えながら利用できる、カスタマイズ性の高い仮想デスクトップソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック